可愛がっていたペットを亡くされたご経験のある方に質問です。 辛くて

可愛がっていたペットを亡くされたご経験のある方に質問です。
辛くても仕事など行かなければならないと思うのですが、普段通りでいられましたか?
また、その悲しみとどう向き合って乗り越えましたか?
愛猫が喜ぶペットフードはこちら
17年間飼っていた猫を随分前ですが亡くしました。
友人から貰った仔猫でした。
3歳のときに心筋梗塞と肺炎で5回入院して、心臓の薬を14年間
飲ませました。チンチラ猫で持病の可能性が高いけどって、助けてくれた
動物病院の先生に言われました。
入院すると、パソコンの前で泣いてるから、すぐバレて、
〇〇さんがまた泣いてるよー、猫がまた入院したんだよーって、
同期の男性に大声でからかわれてました。
幸い、穏やかな時代で、優しく見守ってくれましたっけ。
猫が逝ってしまったときは、
4月に大学の恩師が亡くなり、葬儀で大泣きし、
5月に愛猫が逝ってしまい、
6月に母が肺がんの再発で入院2日目に急に亡くなり、
ずーっと泣いてました。
父は母と猫と寝ていたので、相当辛くていうつ病になり、痩せてしまい、
「お父さん、病院へ一緒に行こうか」と聞いたら、独りで行けるよって、
自転車で行って来ました。
この夏を父と私は必死で寂しい食卓で泣かないように頑張りましたよ。
あんまり悲しいと記憶って飛ぶんです。
この頃、自分で勉強したいことがあり会社を辞めていました。
勉強する学校を探してました。
猫は動物用のお寺で預かってもらいましたが、
窮屈そうで、一度家に骨を持ち帰り、暫く置いておきましたが、
散骨しました。自由にしてやりたいなと自然に思うときがくるんですね。
友人や姉に聞くと、ペットが亡くなるとすごく泣くのは皆同じだそう。
今でも思い出すと涙が出ますが、ペットは動物で自由に
空を飛ぶか、自然を楽しみたいか、魂を早く離してやった方が
いいと思っています。
猫の医療費は合計するとげんなりするほどだと思いつつ、
全部の残してあり、あんまり悲しかったら、合計して、諦めよう、
なんてあさましいこと考えて、箱にしまってありますが、
計算なんてできません。今では生きていた証になっています。
猫の病気で色々勉強させてもらえました。
お若い方なら、新しい子を大事にすることで供養になると
思いますよ。
今少し、頑張ってね。
会社はトイレで泣くのが一番スッキリしました。
愛犬が喜ぶペットフードはこちら

コメント