我が家の愛犬(ビーグル犬、9歳、女の子)が、IBDと診断され、食事療

我が家の愛犬(ビーグル犬、9歳、女の子)が、IBDと診断され、食事療法のことで悩んでいます。
消化器症状、浮腫は一切ありませんでしたが、健康診断にて、
2017年3月アルブミン2.1より
2018年3月アルブミン 1.6低下認められたため、
4月内視鏡生検施行し、
胃、小腸のリンパ球形質細胞性腸炎と診断。胸腹水なし。
その後、食事療法開始
ロイヤルカナン アミノフォーミュラを1ヶ月半摂取しましたが、嗜好に合わなくなり、ハンスト開始。
ドッグフードを白湯でふやかす、トッピングをするなどで、どうにか食べてくれていましたが、徐々に摂取量減少し、ついに食べず。
主治医受診し、再検査にて、
2018年6月アルブミン1.6不変。
受診日当日朝より、下痢が出現し、フラジール内服開始。
ロイヤルカナン→Dr.ケアアミノプロテクトへ変更
6/12〜13水様下痢便
6/14〜15泥状下痢便
6/16ソフトクリーム様
6/17軟便
下痢改善に伴い、食欲回復し、昨日6/16夕食より規定量を摂取可能となりました。
浮腫はありませんが、やや易疲労感あるような?(気候の変化、暑さが原因?)
もともと、食いしん坊で、今まで出会ったビーグルの中でも一番食いしん坊です。
食事は、Dr.ケアのアミノプロテクトを鰹出汁で匂い付けして食べていますが、
おやつを与える際、どのような種類のものを与えてもいいのでしょうか??
今はとりあえず、さつまいもを蒸したものを少しずつ与えています。
ロイヤルカナンを食べなくなった時に、トッピングで何とか食べさせていた……と主治医に伝えると、トッピングをするとせっかくのアミノ酸分子レベルの食事を与えている意味がないと言われ、意味が分からず、食べて良いもの、悪いものの判別がつかず、
また今後の治療の流れは、どのように進めて行けば良いのかなど、分からないことだらけで、
愛犬に何かしてあげたい気持ちがイッパイある分、ジレンマと疑心暗鬼になり、困っています。
主治医に質問し、治療計画や生活における注意事項を説明を求めても、曖昧で、後出しのように情報を提供してくるので、信頼できなくなっている現状です。
奈良在住なのですが、消化器疾患やIBDにおける専門医や経験豊富な獣医さんのおられるクリニックなども知りたいです。
愛猫が喜ぶペットフードはこちら
知り合いのワンちゃんでIBDの子がいます。
食事は完全な手作りで、何を食べてもいいのか、いけないのかを把握されていました。
また、アレルギー検査もして、より多くのことを把握しようとされていました。
薬はフラジールの他にも、プレドニゾロンやディアバスター、ビオイムバスターなどを服用されていました。
奈良県のことはわからないので、良い病院が見つかることを願っています。
愛犬が喜ぶペットフードはこちら

コメント