チキンアレルギーのある愛犬がいるのですが、 フードの原材料に鶏肉(

チキンアレルギーのある愛犬がいるのですが、 フードの原材料に鶏肉(タンパク加水分解)とありました。アレルゲンの源はタンパク質だと聞き、タンパク加水分解されていればアレルゲンの原因になる物質が分解され、アレルギーを引き起こすことはないのではと思いました。
タンパク加水分解について調べたところアレルギーを引き起こす原因にもなると記載されていたので納得できず質問しました。
アミノ酸に分解されていてもアレルギーを引き起こす原因になるのでしょうか?
またなぜ分解されてもアレルゲンになるのでしょうか?
アレルギーについて詳しい方教えてください。
愛猫が喜ぶペットフードはこちら
カテゴリーをお確かめください
ペットのカテの方が回答がつくでしょう
◆タンパク質はアミノ酸がつながってできています。食物アレルギーは、つながったアミノ酸の、ある特定の配列の部分に反応することで起こると言われています。
アミノ酸を【音符】に例えると、タンパク質は【楽譜】ですね。楽譜の中に「ドミソ」なのか「ドシラソ」なのか、特定の音階の部分があると、そこに対して体がアレルギー反応を起こすわけです。
タンパク質を完全に分解してアミノ酸にしてしまう、つまり楽譜をバラして一個一個の音符にしてしまえば、アレルギーは起こりません。
でも酵素による分解というのはそんなに完璧な物ではなく、音符と音符が完全に分解されずに、いくつかつながった音階のまま残っていたりします。そこに「ドミソ」の配列が残っていれば、アレルギーを引き起こす可能性はあるわけです。
自然科学のことは、【白か黒か】【ゼロか100か】みたいな二者択一ではない…という認識を持つことが大事だと思います。分解物と言っても、何もかもバラバラに分解されているわけではない、ということですね。
愛犬が喜ぶペットフードはこちら

コメント