草取りについて。 嫁いできた所の庭がとても広く、花壇、畑もあります

草取りについて。 嫁いできた所の庭がとても広く、花壇、畑もあります。
草取りを毎日していますが、全部終わる頃にははじめの方がボーボーになってしまいます。
生えずらくなるようにと根っこまでとるように鎌でがんばっていますが、園芸用手袋はあっという間に指先に穴があきますし、なにより指先が腫れるほど痛いです。
むしろ本当にボーボーに生えきった方がつかみやすいですし綺麗に引っこ抜けるのでいいのですが、そのような状態にはお姑様の目がありますのでできず…
あと、野良猫たちが私の癒しですので除草剤はかけたくありません。
敷地の端の方などは主人が草刈り機で休みの日にやってくれます。
が、見た目を草色ではなく土色にしてほしいようで、私が手で地道にぬいてます。草刈り機だとどうしても1~2センチのこりますよね?
砂利のところもあり、そこの草はほんとに地獄のようです…
指でつまんで鎌でほじるようにしてとっています。
何かいい方法はありませんか?
また、皆さんどのようにしていますか?
お知恵をおかしください…。
愛猫が喜ぶペットフードはこちら
5反の畑に、防草シートを貼ってるエリアや、砕石を撒いてる通路もあるので、全てが草ボーボーにはなりませんが、今の時期の草取りは大変ですよね。
草を1本1本抜くだけじゃ無くて、草取りカナで、ガシガシとやりながら草取りすると、抜くだけよりも、生えにくくなります。
砕石を敷いてる通路部分も、ポツポツと草が生えて来るので、そこは草取りカナで、見つけ次第に根を掘り起こす様に抜いてます。
広い所は、三角ホーや窓ホーと言った除草用具で掻き取ってます。
以前は、通路部分は親が除草剤を撒いてましたが、私が除草剤が大嫌いなのと、猫が草を食べるので、猫にも健康被害が出る!と、除草剤は一切使わない様にして貰いました。
なので、草取りは大変ですが、除草剤から解き放たれて、凄く充実してます。
草刈で管理する土手等のエリアも、充電式草刈機を購入したので、かなり楽になりました。
◆ご回答ありがとうございます!
みなさん色々と工夫されているのですね。
草取りカナ、はじめてききました!
調べてみます!
ホーは別の方から教えていただき、我が家にずっとあった謎の道具がそれだったと気付きました(笑)
いまいち使い方がわかりませんが…。
掘り起こすのでしょうか?そり落とす感じですか?
私も猫たちに害だと思い使いたくありませんでした(*_*)
しかも除草剤つかうとしたら我が家はかなりの量になるので財布が軽くなるのはあっという間でしょう…
我が家も先日充電式の草刈り機買いました!あれいいですよね◎
ご回答ありがとうございます!
◆我が家も以前は苦労しました。
今は除草シートを敷いて、その上に厚めに砂利を敷いてます。
一生効果が続く訳ではないですが、生えてくる草が細く、抜きやすい種類になります。
車が止まる部分は割り切ってコンクリートにしました。
お金は掛かりましたが、今は花壇だけの草抜きで済んで、助かっています。
◆自分は固いところはホー、柔らかいところはけずっ太郎でとって松葉かきやレーキで集めます。
窓ホー
広い庭を腰かがめて鎌でとってたら大変でしょうに。
生えにくくするには、固めてしまう他に数日おきにほうきでは大変なのでテニスコートブラシで掃くって手もあります。
要は光を遮る、ガチガチに固める、土を動かす、のどれかをすれば草は生えにくいのです。
除草剤や防草シート砂利を使えないのなら試してみてください。
◆100円ショップにも売っていますから 砂利のところから 少しずつでも 防草シートを敷いてみたらいかがですか?
砂利を避ける作業は大変ですけど 今よりは楽になると思いますよ
◆私は黙々と作業するのが好きなので草取りは苦になりませんが、
貴女さまは広い敷地なので大変ですね、お察しいたします。
が、雑草は悪ですかね ?
野菜や花を育てるための畑や花壇なら草取りして土作りしなくてはいけませんが、私はきれいに草取りして土がむき出しより、たとえ雑草でも緑々しているほうが好きです。
例えば皆さんの嫌いなドクダミは白くて可愛い花が咲くし・スギナでさえあの緑色が清々しく感じてしまいます。
草刈り機で刈ってあるだけで充分のような気がするし、
どうしても気になるなら気になる方がすればいいかと思います。
なんか答えになっていなくてすみません。
◆200坪ほどの庭があります。
とりあえず、防草シートはあまり意味がないです。
砂利の中から生えてくる草が一番大変です。鬼です。
これは除草剤を使うか、嫌であれば砂利を取り払うような庭の作り換えの方が潔いです。
どうしても砂利のスペースと決めているのであれば、
今の砂利を取り払い、土を剥ぎ捨て、防草シートを敷き、再度砂利を撒く。
土が飛来しないよう、流れてこないように周りの部分も考える(レンガで囲む等)、そして定期的にブロワ―でたまった土を吹き飛ばす。
でも完璧ではありませんが。
土を残さなくてよいのであれば、防草シートなどではなくコンクリートを敷けば良いのですが。
手袋、穴あきますよね。涙
私は、本気でやる場合は二重にします。内側に柔らかい手袋、外側にゴム手袋等。
指先がすぐに痛くなるのは草をつまむからです。
書かれているように、短い草をつまみ、ブチっと切れては意味がないので、じわじわと力を込める。それを繰り返すと指が痛くなります。
雨上がりで土が柔らかい時はチャンスですね。
私はスコップで掘り返して根ごと取ります(体ごと乗って掘る柄の長いやつなので腰も曲げず、力も要らず)、広いエリア、長時間作業の時はとにかく力を使わないこと。
あと、腰を中途半端に曲げると疲れるので、立っているポーズを長くする。
摘まんで引っこ抜くのは疲れてくるので、ざっくりと掘り返して根の土を振って取る程度の力の入れ具合で作業。
それをやっていても、草は生えてくるので、本当はきれいにした後にマルチを敷いてしまうのがベターです。
愛犬が喜ぶペットフードはこちら

コメント