長くなりますがご関連いただきありがとうございます。ペット禁止(一時

長くなりますがご関連いただきありがとうございます。ペット禁止(一時預かり等も一切)なマンションにかれこれ四年ほど住んでいます。
お隣の方が非常識にも程があるみたいな方でして尚更怒りがおさまらない為に、不動 産担当に伝え、管理会社連絡し、家主も隣が飼っていることを確認済み、隣の方が夜8時以降でないといらっしゃらない為中々訪問ができない、土曜、日曜必ずいることを伝え注意紙1回目は全部の階に、2回目隣だけ、3回目きつい文書を隣だけに入れますと言われ今日帰ってきてから犬が今までに無い吠え方でずっと吠えていた事に腹があまりにもたち、うるさくしてしまいました。そのことも不動産担当に伝えましたすると普通は気を使うかな?と思ったら逆にうるさくされダメだと諦めました。2、3日なら預けてたのかな?預ける人がいなかったら仕方ないと目を瞑るつもりでした…しかし五月末から今日も注意紙が入っていながらもワンワンと…普通でしたらもし飼ってはいけないのであれば注意紙が入った時点で声が聞こえなくなるかなとは期待してましたが…ダメでした…
朝、夜中、禁止でワンワンと吠え回る犬…お子さんも早朝、夜、夜中、ぎゃー、ぎゃー!と声を張って出す…この様な場合は退去になるのでしょうか?ちなみにですが契約違反項目や注意紙には強制退去にもなり兼ねますと、書いてありました。
うちは生活音以外ありません。少し朝早く旦那が出勤な為に朝7時前頃から8時の間に片付ける程度です。朝8時半以降から夕方5時前までパートな為旦那も私も居ません。またお風呂なども8時以降入りませんしテレビも聞き取れるかくらいにしてますだいたいは疲れて早く寝たいので早めに済ませます、がお隣が深夜洗濯も回され、ドンドンもされたりします。お隣の方も朝8時前にしか出勤なさらないので朝に回せるのではと思ったりします。犬と朝預ける為出てる様なので休みに玄関を片付けてるとうちが片付け終わるまで出ようとしたのを辞めてる様です。
お隣の方がうちより後に入られたのですが子供がいる為うるさいかもしれないなどの挨拶もなしすれ違ってこちらが挨拶しても無視など…他の階の方はいつも挨拶するのですが。
それと前の方など物音一つしなかったので快適に暮らしてましたが。今も、反対側のお隣さんや真上からは住んでるのですがいるのかいないのかわからないくらい静かです…こんな嫌な思いをしたことはないので間違いなければお隣が非常識にも程があるんでしょうか…もっともイライラがおさまらなかった為知恵袋で言ってしまった私にも非常識があるんでしょうか。何かいい対応方などありませんでしょうか?m(_ _)m
長々と身勝手な文書読んでいただきありがとうございます優しい回答お待ちしておりますm(._.)m
愛猫が喜ぶペットフードはこちら
隣に管理会社に家主にと…憤りを感じますね。
私なら「何も対処してくれないなら、こんなとこ居られない。引っ越し代と次のとこ借りる費用を全部負担してください」と家主や管理会社に詰め寄りますね。
誰がどう考えても 隣がおかしいと思います。
相談者さんの怒りは当然ですよ。
◆不動産屋も管理会社も大家さんも
子供がうるさいとか生活音だと、なかなか難しいみたいですけど
張り紙でお知らせくらいしかしてくれないですけど
ペットだと全く話は別で、契約違反になるので
直ぐに対処してくれると思うのですが…..
困りましたね
直接お隣さんと話すのは止めた方がいいと思います
トラブルが大きくなる元ですから
近くの他の部屋の方はどう思っていらっしゃるんでしょうか
一件で苦情を入れるより数件から苦情が入った方が
不動産屋等も対処してくれると思うのですが
これくらいしか思いあたりません
◆回答に優しいもクソもありません。
まさかアナタの都合のイイ回答を期待してますか???それで満足~解決しますか?
結論から云います。後発で来た入居者からの騒音に関して、平穏無事な生活が害される場合、その詳細なメモ+録音+騒音レベル測定(これ役所で貸し出しOK)を揃えて、貸主に停止請求をする事。
相手はその方ではなく、貸主(大家)です。
理由は上記の通り、民法で保証されている権利であり、貸主はそれを履行しなければいけません。
期日を決めて履行しなければ、\5000/日の損害賠償を判決に求めましょう。
大家は強制で何かするか、契約解除をする事になります。
契約条項の信頼関係の破綻、迷惑行為(騒音)禁止事項違反です。
但し、ここでも質問は一方的な質問者だけの意見であり、事実は不明なので、その事実関係次第です。単に神経質者の苦情もありますからね・・・・
◆直接言わずに知恵袋で単なる憂さ晴らししているだけの非常識かと。
暇なら自分でお金を出して、弁護士を立てて、裁判でも起こしてみては?
愛犬が喜ぶペットフードはこちら

コメント