酷い職質を受けました。 23時前、最寄り駅を出て、まだ家に入る気分で

酷い職質を受けました。 23時前、最寄り駅を出て、まだ家に入る気分でなく風に当たりたかったので自宅から1分の公園のベンチで休んでました。スマホの電池は切れてました。
座り込むうち、その日あった嫌なことを思い出して寂しくなり、不覚にも泣いてしまって…。涙が零れかけたその時でした。
一台の車が止まり、3人の警官がこちらへやって来ました。
自分は見た目がギャルっぽいので、夜遅くにベンチでぐったりしてるのを見て、薬やらマリファナでもやってると思ったんでしょう。
全くの誤解なので、「出かけた帰りに公園で休んでるだけ。家はすぐそこ」との旨を伝えました。
そしたら「名前とバッグの中身を見せて」と聞いてきました。自分は人生で職質は初めてだったので、訳がわからず当然拒みました。
「職質って任意ですよね?」「なんでそんな個人情報を言わないといけないの?」「何の疑いがあって?」と問いまくりました。
しかし、「この辺り最近危ないんでー」「色んな方に声かけさしてもらってまして」「決まりなんで」「念のため」と押し問答が続きます。
本当の警官か怪しかったので(調べたら警察手帳提示を要求するといいみたいですね)、偽名で名字のみ答えました。身分証も持ってないと言いました。
すると今度は男の警官がメモを取り出して、では下の名前と生年月日,バッグの中身を見せてくださいとさらにエスカレートしていきました。
自分はただ大切な人のことを思い浮かべてデリケートになってただけなのに、なんでお巡りさんに囲まれて……
この公園は幼い頃から遊んでた公園で、通学も含めれば1000回以上通ってきた馴染みの場所。
そのベンチは深夜や明け方、湯上がりに腰かけて黄昏るなんてことはしょっちゅうです。治安もよく、変な人に声をかけられたなんてただの一度もなかった。今日まで。
「公園って公共の場ですよね? そこで休むことは自由でしょ??」。警官らは「すいません」と眉を潜めるだけで理屈の通った反論はなし。
「人を見た目で判断するのはよくないと思います!」って大声で言ったったけど、態度は変わらん。
クソしつけえから「わかりました夜危ないんなら帰りゃいいんでしょ、すぐそこだからもぅ帰ります」って、ベンチを立とうとしたら
若い婦警が「な、な何か見られてマズいものでも持ってるんですか!?」と通せんぼをしてきました。
20分ぐらい経ったと思いますが、もぅ帰るに帰れないのでバッグの中を開いて見せることにしました。
この時3人ともこっちをライトで眩しく照らしてたので、明かりは十分だったんですが、
ここでその婦警がおもむろにポケットからスマホを取り出し、バッグの上にかざしてきたのです。
これにはさすがにブチギレて、「何写真撮ろうとしてるんすか! そんなことしてその画像をどこに送る使う気なんですか!!!」。
これに男性警官1人が「すみません本当申し訳ないですー」と代わりに軽く詫びました。
その後も財布を開けたりして、麻薬や刃物がないことを証明しました。それでもこいつら納得しない。
「すみませんがポーチの中も見せてくれませんか」。
メイクポーチは女の聖域ですよ。自分的には下着を見られるのと同等に嫌。
乃木坂の握手会で何度も荷物チェックを受けてますが、バッグを開いてペットボトルを試飲する程度でメイクポーチの中まで念入りには調べられません。
公園のベンチに腰かけてただけ。怪しくないのに調べられるなんて失礼です。「なんでそこまでしないといけないんすか」
「もう十分証明できたでしょ?」「こんなことより向こうの砂場に止まってるチャリをどうにかしたらどうですか?」って訴えるんです。
でももぅつらくて。これ以上拒否するとビューラーとか衛生用品も汚い手で触られかねないと思ったし、家に付いてこられたりしたらかなわんから
仕方なく1/4ほどチャックを開きました。「もっと開けて」でまた抵抗したけど、開けた。とりま不審物はないと分かってくれたかな。
ならもぅ用はないはずなんだけどね。それでもまだ本名と年齢,家の場所等を聞いてくるんです。
「こんな遅い時間に女子1人で公園にいた自分が悪いです」「この辺野良猫多いんですよね最近」とか話題を逸らしつつ、
「…もぅ、勘弁してください」と2回目に腰を上げたところで通してくれました。「気をつけて帰ってくださいね」(∑″言われんでもけーるわおめーらが帰れ死ね)
高架下を車が過ぎ去るのを確認した後、金網をおもくそ蹴って回ったね。ちなみに違法駐車のチャリはそのまんまでした。
これは職質として普通の許容範囲でしょうか? もし普通ならば、この世の中はおかしくないですか?
思い出の公園なのに、もぅ行きたくなくなった。泣くくらい思いつめて病んでる時に濡れ衣着せられて、たくさん車が通ってたら……
愛猫が喜ぶペットフードはこちら
これは酷いですね
職質の内容もそうですが、一番酷いのは、辛いとこがあった後にこういうことをされることです
心がズタズタになっているのにこんなことされてますます心を傷めてしまいますね
◆そうなんです。
たくさん車が走ってたら飛び込んでたかもしれん… そんくらいメンタルやられてた。
何度も言うけど公園は公共の休憩所。大人になったら仕事帰りに心の整頓をする場。
あいつらは市民の安全をとうたって、市民の安らぎをぶち壊してます。
警察は無実の人間を追い詰め、尽きるところまで追いやります。
人を疑う前に人を信頼しなければ、街の平和なんてない。
一週間経った今でも、トラウマになってる。
…つらい
◆23時に若い子が一人で公園にいたからなのかな?
話好きだし、僕は警察と話す機会が多い方なんですが結構好きですよ。
おっさんだからか?悲しいことに職質受けたことないです。受けたいです。
毛嫌いする人多い気がしますが、正直僕はよくわかりません。
◆こんにちは。
法的なことは置いておき、個人的な感想としては
「その警察官達は職質が下手」
ですね。
まず、
【荷物を無断撮影しようとしたこと】
これはダメです。
抗議しても良いと思います。
「女性が一人で居るのが悪い」
この文言も不適切だと思います。
女性だって一人で黄昏たい時はあるはずで、相談者さんの行為は悪い行為ではありませんからね。
【悪い】
と言うのは違うと思います。
更に職質が下手な警察官に多いのですが、嫌疑を言わないで変に誤魔化したり、話をそらしたりするんですよね。
職質をされる方も、どんな部分が、どんな疑いがあると言うことを明確に説明された方が納得がいきます。
それをしない警察官が多すぎますよね。
それをキチンとしないから下手くそだと思いました。
ここまでが個人的な感情による意見です。
次に法的な見方をします。
残念ですが法的には、その警察官の職質は正当な範囲だと思います。
公共の場でも、深夜に外にいるだけで基本的には不審者です。
帰宅途中で歩いているならまだしも、一ヶ所に留まっている場合は尚更です。
これは警察云々ではなく、社会通念の概念からの客観的なことです。
社会通念なので、相談者さんのその時の事情は考慮していませんからね。
あくまでも事情は関係なく、外形上の話です。
そのため、深夜の公園に一人で居る時点で職質を受けるのは仕方がありません。
今まで一度も受けたことがないなら、それは【たまたま】だと思います。
職質を任意と勘違いしている人が多いですが、職質自体は強制権限です。
そのため、「任意ですよね?」と断ることは出来ません。
これを説明すると長くなってしまうので省略します。
この辺りの法律に興味があればどうぞ。
そのため、進路を塞いだり、引き留め続ける行為も合法です。
ポーチの中まで調べると言うことは、相談者さんの想像通り薬物の疑いをしていたんだと思います。
尿検査まではせず、所持品検査だけで終わったところを見ると、嫌疑は微妙な感じだったんだと思います。
薬物使用の疑いが濃厚なら尿検査まで求めますからね。
ただし、序盤で言ったように警察は、薬物の疑いがあると思って所持品検査をしているなら、そう説明するべきです。
深夜に公園で一人でいるのを泥棒の下見とか家出人と感じたなら、そう説明するべきです。
それをせずに行うのは、不誠実過ぎますし、職質が下手すぎますよね。
余談で、刑事訴訟法は犯人として特定している被疑者に対しての手続き法ですので、職質では適用できません。
職質対象者は被疑者ではありませんので。
そのため職質で刑訴法を主張したら恥をかきますよ。
あくまでも個人的な意見なので参考程度で。
お邪魔しました。
◆小説みたい
高校の通学中のいい暇つぶしになりました、ありがとうーござーます
◆馴染みのベンチはもう休む場所でなくなっちゃったという事実を受け入れましょう。ベンチは貴方のベンチではなく、所詮ギャルや公共のベンチですから。
女性は人前で泣くと過度に心配されます。
男性なら人前ではなく、お風呂で泣くに限る。
◆すごい文才。
小説家になった方がいいのでは?
愛犬が喜ぶペットフードはこちら

コメント