iPhoneって無駄な機能しかないよね? 2ファクタ認証とかセキュリティ

iPhoneって無駄な機能しかないよね? 2ファクタ認証とかセキュリティ高いのとかまじでいらなくね?
ほんと使いにくいわ。
愛猫が喜ぶペットフードはこちら
だってアップルのお客さんはアメリカ大統領、アメリカ陸海空軍、イギリス陸海空軍、など情報保護が重要な組織が使ってるから仕方ないね!アップルの重要顧客は日本だけじゃねーんだよ
イギリス国防省、iPhone7のセキュリティを評価!専用端末として採用へ
高いセキュリティ機能を受けて、イギリス国防省がiPhone7を内部コミュニケーションのツールとして採用するつもりのようです。同省は当初、SamsungのGalaxy Note 4を検討していました。
Note 4も検討したが
イギリスの国防省と協力している大手キャリアのBTによると、同社は機密データのやり取りに適した端末としてiPhone7を国防省に推薦したそうです。理由はiOSの環境下では、内容の機密レベルに応じてデバイスのセキュリティモードを調整することが可能だからです。
BTは当初、AppleのライバルであるSamsungのGalaxy Note 4についても検討したそうですが、「開発やテストを繰り返せば繰り返すほど、Note 4のセキュリティは十分なものとは見なせなかった。だから我々はiPhoneにすることにした」。さらに既に国防省のスタッフが多くiPhone7を使用していることも決め手となったそうです。
また、この他に国防省で用いられるiPhone向けに、「安全ストレージ・コンテナ(secure storage conteiners)」と呼ばれる、特殊なサービスの開発が行われていることも明らかになっています。この技術によって、iCloudやDropboxを使わずとも、すべてのデータが安全に専用ストレージに保存できるようになるというわけです。もちろん同環境下では、前述の人気アプリは使用できません。
アメリカ大統領はGalaxy S3がお気に入り
一方でアメリカでは、ホワイトハウスのセキュリティスタッフの警告にもかかわらず、相変わらずお気に入りのGalaxy S3を使っているとされるドナルド・トランプ大統領が話題となったばかりです。
同氏は以前、「Apple製品をボイコットする」として、iPhoneを使わないとアピールしていました。
———————————————————————
トランプ大統領のiPhoneにハッキング懸念〜“愛着”から交換を拒否か
ドナルド・トランプ米大統領が使用しているiPhoneが、ハッキングに遭う可能性が指摘されています。理由はトランプ大統領が「新しいiPhone」に交換したがらないためです。
5カ月間も同じiPhoneを利用
ニュースサイトPoliticoによると、トランプ大統領は少なくとも2台のiPhoneを使い分けているそうです。1台は通話専用、もう1台はTwitterやニュースサイトアプリ専用ではないか、と同サイトは分析しています。これら2台とも、ホワイトハウスの情報技術部門とコミュニケーションエージェント部門がトランプ大統領に渡している「特注品」です。
しかし、セキュリティ上の懸念から大統領は30日ごとに新たな携帯に交換する決まりがありますが、トランプ大統領に限っては「不便すぎるから」という理由でこれを拒んでおり、5カ月間もセキュリティ専門家のチェックを受けずに同一のiPhoneを使い続けているそうです。
こうした彼の固執がセキュリティ面で重大な問題を引き起こしかねないのは言うまでもありません。例えば、通話用のiPhoneにはカメラとマイクが搭載されています(オバマ大統領に与えられていた特注携帯にはなかった)が、悪意ある攻撃者がこの特徴に目をつけてハッキングする恐れもあります。
iPhoneに特別な思い入れ?
一体なぜ、トランプ大統領は新しいiPhoneに変えることを拒むのでしょうか。
同じiPhoneを使い続けていることを指摘したPoliticoは「自由にツイートしたり、友人に連絡したりするのを制限する」ホワイトハウスの取り決めに対して後ろ向きであるのは、彼の個人的な趣向だろう、と分析しています。つまり、この10年ほどで社会において育まれてきた、自分のスマートフォンに対する“愛着”も関係しているのでは、というわけです。
事実、2015年に行われた調査では、人々が自分のスマートフォンに犬や猫などのペットに対して向けるのにも似た愛情を抱いている、という結果も出ています。
なおトランプ大統領は選挙中、ライバルとなったヒラリー・クリントン氏が国務長官在任中に公務メールを私用サーバーで扱っていたことに対し「逮捕すべきだ」と主張していました。
————————————————————-
2018年2月6日 18時49分
読了まで 約 2分9秒
NY市警、Windows PhoneからiPhone7に乗り換え
ニューヨーク市警察に現在導入されているWindows Phoneを段階的にiPhone7/7 Plusへと切り替える計画がスタートしたとNew York Daily Newsが伝えています。ニューヨーク市警には2014年に36,000台ものNokia製の端末(Lumia 640 XL、Lumia 830)が導入されましたが、わずか2年でiPhoneに変更されることになりました。
機種変更オプションを利用
ニューヨーク市警は今回の機種変更について、Windwos Phone導入時にAT&Tと結んだ2年後の機種変更オプションを利用したとしており、サポートの終了したWindows PhoneからiPhoneへの乗り換えに費用はかかっていないとしています。すでに1日に600台のiPhone7/7 Plusが順次導入されており、マンハッタン地区で導入が終わればブルックリン地区、クイーンズ地区へと導入エリアを広げていく予定となっています。
nypd
iPhoneの導入で従来の無線でのやりとりよりも迅速に情報が処理でき、また位置情報からパトロールエリアの危険性を伝えるなど、現場の警察官に対してより多くの情報を提供できるようになります。さらに専用アプリとの連携で警察無線よりも地域を区切った連絡が可能になり、犯人の追跡、逮捕の実績も既に残しています。
警察活動の「究極のツール」
実際にiPhoneを使った警察官は「パトロール隊員の究極のツール」と語り、iPhoneとアプリの連携の良さを語っています。実際の事件でも「指令センターからの指示が来た時には、既にiPhoneアプリのプッシュ通知を利用して、現場に到着している」と迅速な情報伝達を高く評価しています。
このような情報伝達の迅速化は数字にも現れており、進行中の重大犯罪に対する対応時間が14%短縮されたとニューヨーク市警の情報技術担当副委員長は述べています。今後、iPhone7/7 Plusの導入が進めば、さらに効率的な運用が可能になるはずで、iPhoneがニューヨーク市の犯罪捜査や防犯活動の効率化、さらには警察官の安全確保に大きな威力を発揮することになるでしょう。
◆なるほど。
すんごい納得出来ました。
◆じゃあゴミンドロイドにすれば?w
愛犬が喜ぶペットフードはこちら

コメント