海外では家族同様に住んでいる犬や猫など ペットの医療費も高いのでし

海外では家族同様に住んでいる犬や猫など ペットの医療費も高いのでしょうか?
また犬や猫を食べるアジアの国にも 犬猫病院ってあるのでしょうか?
愛猫が喜ぶペットフードはこちら
アメリカは、すごく高いです。緊急でペット病院に行きレントゲンとってもすぐ、600-700ドルくらいします。知人の犬がビニールの袋を飲み込んだので開腹手術で取り出しました。9千ドルでした、円で100万です。
もう一人の知人は、心臓関係の手術をして3百万くらい払いました。
猫の腹に水が溜まって1回抜いてもらって360ドル払いました。高いので、ペット保険があります。良心的な獣医師のクリニックは安いところもあるようで、友人は高速で1時間半かけて田舎の方のクリニックに行ったそうです。
ぐわいが悪そうにしていても、おいそれと、すぐにクリニックに連れていけません。
日本の方が、ずっと安いです。
◆ハワイで犬の健康診断しました。日本より安かったです。
診断書書いてもらって、1匹50ドル程でした。
日本で健康診断して、診断書書いて貰ったら、1匹につき、3万円でした。
トリミングも安いです。日本の半額くらいでした。
日本のペット産業は凄く高いです。
近くのペットショップには100万円の犬とか売られてます。
アメリカでは犬をペットショップで買う。という意識はあまり無いので、ブリーダーから直接か保護センターから引き取る。という形が多いです。
あと、知ってる限り、韓国の場合はペットショップがずらりと並んでる町がありますが、安く売られてます。
動物病院もそれなりにあります。
トリミングサロンやドックカフェなどはほとんど見かけませんでした。
犬を食する文化でも普通にペットとして飼ってる人も多いです。
小型犬人気です。
◆保険のある人間より、ずつと高いです。ペット保険は、年齢制限があり、赤ちゃんの時から保険に入ってないと、保険に入る資格が無いです。6歳を超えてからいろんな病気になるので、実費は高額なものになります、今は、人の医者になるより、開業獣医になる方が、儲かりそうです。ペット保険入らない人が多い為。
◆在米です。それほど高くありません。ほけんもあります。
愛犬が喜ぶペットフードはこちら

コメント