猫の転院についてです。 今迄獣医さんに対する不信感がある時に転院を

猫の転院についてです。
今迄獣医さんに対する不信感がある時に転院をしてきました。現在8歳近いノルウェージャンですが、最初は軽い気持ちで近所の獣医さんで避妊手術などを。 その次は猫の専門病院が出来たのでそちらへ転院、ところがトキソプラズマの治療で死ぬ思い(猫が)をさせられて転院、次の病院は「トキソなんで誰でも持ってるよ」との言葉(血便が出てるのに)で転院。
次の病院で適切な治療をして頂き、つい最近までは信頼して通っておりました。が、今度は呼吸がおかしくなりクシャミと鼾・開口呼吸が2週に1度位起こるようになり。その病院は「この子の癖みたいなもんだから」。
で呼吸器科のある病院へ転院し、ネブライザー等と〇大病院で精密検査を勧められ経過を見ておりましたが、6月初め夜中にありえない鼾と開口呼吸で夜間救急病院へ。救急病院の先生のお話では咽頭部のリンパ腫などの疑いがあるという診断でした。
結果、病院の紹介で〇大病院へ6月初めに行き、(次回は6月末にCT検査の予約をしています)〇大病院の最初の診断では心臓の筋肉?が一部厚くなっているが、治療が必要なほどでは無いとの事。と、他に異常は見られないのでCT検査を予約して帰宅。
最後にそこの先生の「ここには呼吸器科は無いから」という言葉が印象的でした。
先日〇大病院への経過報告と健康診断へ伺った所、尿石症でフードの変更(5月に今迄の病院で検尿をして異常無し)を勧められ市販の物では駄目という事で獣医師推奨のお高い商品を予約。
優しい先生ですが、どの病院でも勧められた事のないフィラリア検査や次はノミ・マダニの予防まで。なんとなく不信感が湧いて来てしまいました。(余談ですが、その病院は拡充予定があるそうです。)
猫が言葉を話せればなあってつくづく思いますが、CT検査(麻酔?)がちょっと不安です。
なるべく猫に負担のかからない、そして、いつまでも健康でいて欲しいので模索をしており、身近な人には考えすぎの病院ジプシーと笑われていますが、どうしても不安がつきまとってきてしまいます。
昨晩もネットで病院検索をしておりましたが、あまりにも転院が多く、もっとドクターを信頼した方が良いのか悩んでしまいご相談をさせて頂きました。
愛猫が喜ぶペットフードはこちら
動物病院の診断能力は、検査器具の有無や経験などでかなりバラつきがあります。
前の猫の健康に不審な点を感じる度に病院に通いました。(週1)
獣医からは様子見を勧められ1ヶ月後に、別の病院で検査の結果心筋症でした。
猫を飼っている方とお話しすると、動物病院で嫌な思いをした飼主さんは半数くらいおられます。
猫の専門医でかつ、レントゲン、エコーなどの検査器具が揃っていて、外科手術の経験がある病院が良いと思います。
◆早速ありがとうございます。
つい今しがたですが、勧められたフードの試食品は全く猫に拒否されて変更をお願いした所、注文をしてしまったから無理だといわれました。
(同じ金額で小さい袋へなら変更可能って?)
病院名を曝しても良い位不親切。
CT検査目前なので猫の健康状態を一番で考えたいのに、です。
いっその事CT検査をキャンセルして転院を考えた方が良いかとも思い始めましたが、自分の中では「またか」という思いも交錯しています。
愛犬が喜ぶペットフードはこちら

コメント