三重県にあるK‘Sキャットファームで雄のサイベリアンを購入したと

三重県にあるK‘Sキャットファームで雄のサイベリアンを購入したところ、ICCの血統書がなかなか送られてこないので、問い合わせたところ、言い訳の末、 別の血統書でよければ血統書代の5千円返金と併せ送付しますとのことでした。馬鹿にするなとぶち切れたら正規の証明書を送ってきました。血統書って、こんないい加減なものですか?そのような体験をお持ちの方教えてください。
訂正します。販売店を間違えました。すみません。先ほどのベストアンサー様書き込みお願いします。
愛猫が喜ぶペットフードはこちら
改めて、ご希望通り回答します。常識的に考えるとありえないのですが、ブリーダーの中には、混血種を純血種と偽って販売したりする事は多いようです。サイベリアン自体これから普及していく種類だと聞きます。その種親が、三重県のブリーダーや北海道のブリーダーの中に本当のウ純血種であるサイベリアンを提供している事をあたかも珍しく他のブリーダーは他の血の混ざったまがい物ですよと他の業者を貶める発言をする業者もいました。そういうところに限って、繁殖不可とし、あくまでペットとして育ててくださいと、繁殖希望者には譲渡しません。要は、買主を信用していないので無計画な繁殖により混血種が増えるとか、育児放棄される子が増えると言うような言い分です。これはあくまでも、専売特許を脅かす存在を排除するための口実で独占的な商法です。このような業者から絶対に購入しないよう協力してください。親切なブリーダーは、きっと繁殖を買主の良心に委ねる心のあるいわば寛大な人が多いので、繁殖の相談にも快く応じてくれます。血統書野いい加減な業者や繁殖を許さない業者は、社会から排斥されるべきです。獣舎を見学した事がありますが、どこも狭いゲージに閉じ込められ種親として飼育されている成猫はどう考えても異常です。そのようなブリーダーが自らをさておき猫の愛玩家に者を申す資格はありません。いては悪いがあなたの購入したブリーダーは、血統書の偽装及びいい加減な血統書を頒布している悪質業者といわせていただきます。そんな業者の血統書は意味を持ちません。かわいそうですが、あばたの子猫は血統にこだわらずに一匹のかわいい猫として生涯大切に育ててげてください。
愛犬が喜ぶペットフードはこちら

コメント