①犬猫ペット病院。 ②ブリーダー。 ③愛犬家。愛猫家。 ④行政。 上

①犬猫ペット病院。
②ブリーダー。
③愛犬家。愛猫家。
④行政。
上記が、最近の犬猫の世界を変え、自然環境に影響を与えた。
●大型の洋犬は、いなかった。 ●品種改良された、おかしな、犬、猫は、いなかった。
「環境を、昔に戻せ。」と、私は考える。
〇岩合光昭の世界猫歩き。
野良猫は、世界中にいる。
品種改良された、異様に長い毛の猫はいない。
〇日本の洛中、洛外図。西洋絵画。
に、野良犬は描かれている。
◎行政は、犬、猫の殺処分ゼロを目指す。
余計なことはするな。
◎15年位前までは、強力な殺鼠剤があった。
これで、野犬の始末をした。
猫は、子供の内に始末をした。
●遠い先祖の時代から、この様にして環境を維持してきた。
◎野犬が居なくなると、ハクビシン、狐、狸、猿、猪、アライグマ、鹿、熊が、人家近くに現れるようになった。
●環境が変わってしまった。
「環境を昔に戻せ。」
「行政は余計な事をするな。」
反論。
賛同。
伺いたい。
愛猫が喜ぶペットフードはこちら
遥か太古から様々な種が君臨し、様々な種を絶滅に追いやったり、共生したりしてきました。
マクロで考えればそれらのほとんどの理由は環境の変化です。
さて、環境といえば現在はヒトがその生命を脅かされる事が少ない環境。少なくとも酸素濃度や気温の条件は世界中にヒトが王国を築くにたります。
陸の王者となったヒトが自分よりもか弱い動物を愛玩するのも、品種改良するのも、または絶滅に追いやろうとするのも、逆に絶滅から救おうとするのも大きく捉えれば自然の摂理と言えます。
環境を昔に戻そうという思想が芽生えるのも自然の摂理かもしれませんが、そのためには多くの加工を必要とします。
◆①犬猫ペット病院。
②ブリーダー。
③愛犬家。愛猫家。
④行政。
>環境を昔に戻そうという思想が芽生えるのも自然の摂理かもしれませんが、そのためには多くの加工を必要とします。
大きな、流れの中では、人間の登場も自然の摂理。
なるほどね。
愛犬が喜ぶペットフードはこちら

コメント