10ヶ月齢の雄猫に発情が来てません 確認してみると、袋は生後数ヶ月

10ヶ月齢の雄猫に発情が来てません
確認してみると、袋は生後数ヶ月程度のような大きさで、中身はほぼないような感じです。 子猫の頃は少食でしたが、現在は適度に大きさはあり、外見からは発育に問題があるように見えません。
ー生殖器が適切に成長しないという症状は、将来の寿命や健康など何かしらに影響はありますか?
ー生殖器の発育不全だとすると、尿道も発育不全なのでしょうか?将来、尿路結石になりやすいということになりますか?
詳しい方、教えて下さい。
愛猫が喜ぶペットフードはこちら
停留睾丸(精巣)だと思うのですが、摘出手術の時期などを獣医師と相談した方が良いでしょう。
精巣は、発生期には腹腔内(メス猫の卵巣と同じ位置)にあります。
生後1ヶ月くらいになると、精巣は陰嚢(玉袋)に降りてきます。
そして生後3ヶ月くらいになると、外から見てもはっきりわかるほど大きく生育します。
精巣が陰嚢に降りれ来るのが遅い子でも、生後半年くらいまでに降りてくることが多いです。
生後1年くらいしても降りて来ない場合は、「停留睾丸」として手術をします。
停留睾丸は、鼠径部(腿の付け根)で止まっていることが多いですが、腹腔にとどまっている場合も有ります。(この場合は開腹手術になります。)
睾丸が停留したままだと癌化しやすいそうです。
また中途半端に大きくなると、発情行動をする場合も有ります。
昔は、「発情する前に去勢手術をすると、尿道が成長しないので尿路結石になりやすい。』などと言う説が有りましたが、
現在では、根拠がないとして否定されているようです、
アメリカなどでは、生後3ヶ月程度での幼齢去勢手術が主流になっています。
愛犬が喜ぶペットフードはこちら

コメント