猫の多頭飼育について。 先住猫ちゃんがいる状態で仔猫を迎えた経験が

猫の多頭飼育について。
先住猫ちゃんがいる状態で仔猫を迎えた経験がある方は、うまく同居できるようになるまで、どのように過ごされたのでしょうか。
現在は犬2匹(チワワ7歳♀・チワワ雑 種2歳♂)と猫1匹(もうすぐ1歳♂)を飼っています。
先日、野良猫が家の庭で仔猫を3匹生み、1匹だけを連れていなくなってしまいました。
残された2匹を生後2日で保護し、保護団体(ミルクボランティア)の方に預かってもらっています。
今日で生後1週間ほどになりますが、今のところ命に別状はなく、目も開き元気にミルクを飲んでは眠っているようです。
この2匹の仔猫を、うちの子として迎えることを検討しています。
犬たちに攻撃性はありません。
今飼っている猫を迎えたときも、飼い主の心配を他所にすぐに仲良くなりました。
問題は先住猫ちゃんです。
この子は昨年、生後6週齢の頃に保護し飼い始めた子です。(生後半年で去勢済み)
犬たちとは仲良く同居できていますが、新入り猫を迎えることでストレスを感じるのではないかと…。
仔猫を迎えても昼間は留守番してもらうことになります。
部屋は複数あるので(戸建て住宅)、慣れるまで別室で過ごすことは可能です。
保護した責任があるし、いつまでもボランティアの方にズルズルとお世話になるのは気が引けます。
離乳まではどうしても預かっていてもらわなければなりませんが…。
とりとめのない長文になってしまいましたが、どなたか経験談やご意見を聞かせていただけないでしょうか。
愛猫が喜ぶペットフードはこちら
優しい方に保護されてラッキーな猫ちゃんたちですね。
私も猫の多頭飼いです。保護することがしばしばあります。うちは犬はいませんので、ワンちゃんには触れずに、私個人の場合の話しを参考まで書かせていただきます。
聞かれていませんが、外見に症状がなくても、まず先住の為に、健康診断とノミダニ駆除を。エイズ白血病は4千円強くらいでできるのでしてあげると安心。片方にいなければ母体感染がないということだと思うので、片方だけでも。
慣れさすには、
1、別の部屋で暮らしてもらう。この間、彼らは嗅覚が鋭いので、お互いのニオイや気配に慣れてもらいます。子猫の部屋に入り浸らず先住を可愛がる。
とりあえず1−2週間くらい
2、ケージに入れて顔合わせ。無ければ100均一の網で柵を作り隔離エリアを作る。
先住ちゃんが、シャーと威嚇したり、近寄らないようであれば、1からやり直し。先住ちゃんがケージに近寄りクンクンニオイを嗅ぐ、攻撃性がなく、興味深々遊びたさそうな感じであれば、万が一の為に爪を切り、人間が見張りながら顔合わせをする。この際、子猫でなく先住を可愛がる(子猫が自分の立場を脅かす存在と思わせない為)。これを繰り返す。
そうこうしているうちに、仲良くなったり、仲良しにならなくても一緒の空間にいることを許容できるようになるかと。しかし、小さいうち(自分で逃げられるまで、少なくても3ヶ月くらい)は人間がいない間は別々の部屋の方が安心な気がします。危険なものを危険と教えてあげないといけませんし。猫により嗜好がちがうので、先住ちゃんがしないことをするかもしれません。例えば、ビニールやゴムを食べる、コードを噛む、などでしょうか。
長くなってしまってごめんなさい。
◆回答ありがとうございます。
詳しく教えて頂いて、すごく助かります。
先住猫は完全室内飼育で、うちに来てから他の猫と接したことがありません。
なので、他の猫ちゃんと対面したときのリアクションが未知数で(笑)
部屋を分けることはできるので、仔猫たちを迎えることにしたら、しばらく仔猫部屋を作ろうと思います。
兄弟(姉妹?)を引き離すのは可哀相に思えてしまい、引き取るなら2匹ともと考えています。
トイレなどを共有することはできるのでしょうか?
猫の多頭飼育の場合、飼育頭数プラス1個のトイレが必要だと聞いたことがあります。
◆先住猫10歳オス、新猫はオスメス二匹。
先住猫は外好きだったので新猫二匹はケージ住まいで、帰ったら布かけてました。
何か居るのは当然気がついてはいたけど先住猫は無視。匂いに慣れた頃にちょっとっつ会わせてました。うなったら離す感じ。今はメスはなめてやるくらい可愛がってる。オスとは距離置いてる。けんかはしない程度
◆既に2歳になる先住猫を2匹飼っているところに子猫を拾い飼い始めました。
一匹は盛んに威嚇していましたが他の一匹が優しくて直ぐ受け入れたので威嚇した方も仕方なく受け入れた感じでした。
その後、生後2ヶ月の子猫が庭にいて飼うことになりましたが最初だけ威嚇しても直ぐに慣れて今では4匹が仲良く暮らしています。
ウチのように上手く行くとは限りませんが相性が余程悪くなければ多頭飼いは大丈夫だと思います。
◆昨年庭先で保護した子は生後半年くらいでしたが、
猫風邪だった事もあり、
数ヶ月隔離の末、先住たちと遭遇させました。
兄猫(←女子供に優しい)とは付かず離れずお互い存在しないかの様な無視っぷり。
姉猫(←野良時代出産経験あり)とは鬼ごっこ仲間として距離を保っています。
ごはんやおやつはみんな揃って一緒に食べるので仲は悪くないはず。
先日保護した子(里親探し中)はまだ生後2ヶ月くらいなので、この子も隔離中。
先の先住2匹は隙間から「ちっこいの居るねー」と見てるだけですが、猫風邪だった子はドア越しにものすっごい威嚇してるので先々不安な状態です。
小さな兄弟たちはいなくなってしまったし、
家に来た時も先住は大人だったので、
自分より小さな子を見た事がないせいかもしれません。
よく先住を優先するなどと言うセオリーがありますが、結局はその子の経験値や性格なのかなと思います。
◆私は家を買ったばかりの頃子猫の里親になりそれから6年後、庭で子猫を見つけ保護しました。
最初は1週間ほど子猫を別室で保護し、ゆっくりと先住猫に慣らしていきました。
先住猫は最初の頃子猫がそばに来ると、シャーと威嚇していましたが、少しづつ慣れて冬などは一緒に寝てることもありました。
先住猫は死ぬまで新しい猫と姉妹のように仲良しにはなりませんでしたが、慣れてストレスを感じるほどでは無くなったように感じました。
それから知り合いの犬を飼っているお宅で子猫を保護したところ、犬は遊んでいるつもりでも子猫が小さいので危険に見えたことがあります。更にそのお家は小さい活発な3つ子ちゃんがいて子猫には可哀想な状況でした。子猫はいつも隠れていて、大人になっても身体がとても小さく長生きしませんでした。(涙)
昼間お仕事に出かける間は、子猫ちゃんが犬と遊んでも対抗できるほど成長するまでは、別室にいさせてあげた方が安心だと思います。
愛犬が喜ぶペットフードはこちら

コメント