西洋人はイルカや犬は大切に扱われるのに、日本人と韓国人はなぜ食べ

西洋人はイルカや犬は大切に扱われるのに、日本人と韓国人はなぜ食べるんですか?
愛猫が喜ぶペットフードはこちら
私たち日本人の肉が食べられそうな感じですけど、
それはさておき、
イルカは数多くある鯨の種類でしかないので鯨で書きますね。
貴方はアメリカ人が今でも捕鯨している事をご存じですか?
政府公認ですよ。
確かに捕鯨を許されているのは白人ではないかも知れませんけど、
物事を決めているのはご存じの通り白人です。
それも銃をぶっ放す捕鯨が保護に値する伝統だって言うのです。
石油利権で黙って毎年何百万ドルもの所得がある富裕層ですから、
私には趣味のハンティングにしか見えません。
お笑いではありませんか?
日本では縄文時代から鯨を食べていたのですからね。
記録にはないものの、
縄文時代には地球上に銃は無かったでしょう。
私はこれこそが保護に値する伝統だと思いますよ。
捕鯨や鯨食に関して知れば知るほど、
反捕鯨が人種差別や自国の畜産振興目的だと気づくでしょう。
尚、日本人と韓国人の食生活は違いますので、
同列で論じるのは無理があると思います。
ところでオーストラリアが反捕鯨国である事はご存じですよね?
素晴らしい自然に恵まれていて、
毎年多くの観光客で賑わうところです。
そのオーストラリアでサメの被害が増えていて、
その原因が増えすぎたクジラを追って、
海岸に近づくサメが原因ではないかと言うことで、
環境大臣が調査を指示したそうです。
観光客が減ったら困るのは確実です。
でもクジラの生態なんて、
調査捕鯨をしている日本にしか分かりませんよ。
捕鯨後バラして調べなければ年齢すら分からないのに、
オーストラリアでいったい何を調べると言うのでしょう?
オーストラリアも畜産農家が多く、
日本人にはそれを食べさせる事で潤う構図です。
クジラのように、
安価(注1)で健康に良いものを食べられては困るのですね。
白人のエゴが日本の捕鯨と鯨食を、
残酷だとかなんだとか言うのです。
人種差別だと言う理由です。
卑怯な事にアメリカ政府は、
一部の種のクジラが増え過ぎている事実を把握しています。
商務省だったかな?
のウェブサイトにその推定数が表示されていました。
人類が捕鯨を始める以前よりも大きな数字です。
日本が指摘した途端に消してしまうと言う汚さで、
この種のクジラなら絶滅の可能性がない事の証拠です。
注1:安価だから戦後の貧しい日本で給食に使えました。
現在高価になったのは商業捕鯨が出来ないからです。
ご質問に対する回答ですけど、
日本人がクジラ(イルカを含む)を食べるのは、
縄文時代からの伝統です。
国土が狭く平野部が限られる日本で、
海から食料を得るのは自然なこと。
逆に危険を冒してでも、
海から食料を得るしか生きる術がなかったという事で、
これこそが白人社会でも保護の対象とされている、
『伝統』そのものだからです。
銃でぶっ放すのは伝統ではありません。
◆食べる文化が残っているから
そもそも海外の国は様々な国から人が集まった国のため否定される文化は消えていく
日本人のように同じ人種の国は 同じ文化はずっと残っているから
◆中国文化の影響です。
犬食いはそもそもシナ発祥です。
シナの属国であった朝鮮地域もその影響で犬食いしているまで。
日本で犬食うのは中韓いずれかの末裔です。
◆昔の地中海にはイルカが大量に生息していたんですが、ヨーロッパ人はそれを絶滅させたんです。
つまり、殺すイルカがいなくなって日本を批判するようになっただけなんです。
◆日本人は犬や猫は食べない。
なお、在日コリアンが犬肉を輸入して食べていることが、問題化している。
政府は犬肉や猫肉の全面禁輸すべき!
◆西洋人は、イルカや犬を大切に扱うのに、日本人や韓国人をはじめとする、アジアの有色人種をバクバク食いまくっていたと言うことですか?
そんな悪い西洋人は、○○太郎がやっつけてくれるから大丈夫。
愛犬が喜ぶペットフードはこちら

コメント