推定 生後30日だった捨て猫を育て、病気などもなく健康で今月2歳にな

推定 生後30日だった捨て猫を育て、病気などもなく健康で今月2歳になる日本猫(サバトラ柄)を飼っています。 これまでのご飯は、猫ちゃんが小さな頃はカリカリにお湯をかけあげていましたが成長してからはカリカリのみで、ウェットフードや人間の食べ物は一切あげたことがありません。カリカリを常に置いていて(たくさんではなく体重に合わせた1日の必要な量のみ)で食べたい時に食べているようです。
しかし最近、猫ちゃんが長生きする秘訣を調べていたら水分が重要と目にし、考えてみると体重相応の必要な水分の量(最低でも150cc)を採っていない気がしました。
家の中には3.4つほど水の入った容器を起いたり、水の前に抱っこしてつれていったり、色々と工夫をしていますが、150ccほどは飲んでいないように思います。
やはりドライフードとウェットフードを混ぜたり、ドライフードをふやかしたりして調節をした方がよいのでしょうか? その場合になると、常にドライフードを置きっぱなしにしていた時のようにはできないので、きちんと2.3回に分けてあげようと思います。
長生きしている猫ちゃんの飼い主さんたちは、水分補給などの工夫はどんなのをしていますか?またカリカリのみですとやはり水分不足になって病気になりやすいのでしょうか…?
以前飼っていた犬を腎不全で亡くし、悲しい思いをしているので猫ちゃんには腎不全には絶対になってほしくありません。なによりも大切だと思っていますし大好きです。長生きの秘訣や、ご飯についてなど色々と教えていただきたく投稿させていただきました。
もし少しでもこれがよかったよ!などの事がありましたらお聞かせください。
愛猫が喜ぶペットフードはこちら
うちはまだ子猫なので長生きさせるコツ、というほどのアドバイスはできませんが、質問者さんと同じように「できるかぎり水分をたくさん摂るための工夫」について、本を読んだりサイトを見るなどして研究しています。
・うちの場合、ドライは置きっぱなし。それに加えて1日1度、パウチタイプのウェットフードをあたえています。
動物病院で教わった方法ですが、ウェットフードに水をまぜてあたえると、水分をとるのが苦手な子でも餌から水をとってくれるとのことなので、みずとウェットを混ぜて、人間の食べるおかゆくらいのゆるさにして食べさせています。
・上の食事のほかに時々あげるおやつから、水分をとれるように工夫しています。
パウチタイプの猫用スープなどは90%が水分で、うちの子も大好きです。スープだけ与えたり、ウェットにかけて与えたりしています。
茹でたささみなども水分を多く含んでると聞いて、カリカリタイプのおやつより、そちらを選ぶようになりました。
また、手作りごはんで鶏ガラスープを作っている方もいるという記事も読んだことがあります。
上の方法であれば、いままでどおり置き餌もでき、1日一回はご飯から水分をとれるということで、そうしています。
◆ありがとうございます。同じようにパウチタイプのウエットフードとを本日与えてみたところしっかりと食べてくれました。しばらくはまだウェットのみだと慣れなそうなので、カリカリとウェットを混ぜて、さらに水を混ぜてあげたいと思います。
スープなども見てみましたがとても美味しそうですね、ぜひ試してみたいと思います(*^^)
とてもご参考になりました。ご丁寧に書いて下さり、本当にありがとうございました。
◆自動給水器持ってるならすぐに使ってあげて。
ぜんぜん飲む量が違うから。
倍以上に増える。
愛犬が喜ぶペットフードはこちら

コメント