50ccの原付バイクで犬の散歩をしていると警察官に止められ 「傘をさ

50ccの原付バイクで犬の散歩をしていると警察官に止められ
「傘をさしたり物を乗せる場合は車体からはみ出さないこと」
「犬も積載物に当てはまり交通違反になる」と言われました 3年くらい前までは自転車で散歩をさせていたのですが
その頃に自転車で動物の散歩は違反と聞いた覚えがあり
それから違反事項になっていないであろう(思い込み?)
原付バイクでの散歩でした
当たり前ですが大通り等は通らず 裏道と呼ばれる小道での散歩です
交通法規のどの事項に違反該当するかが解りません
どなたかよく理解が出来るように教えていただければと思います
よろしくお願いいたします
誹謗中傷などの書き込みは削除させていただきます
愛猫が喜ぶペットフードはこちら
犬は基本的に物です。
積載装置(荷台)から前後に30㎝以内、左右15㎝までしかはみ出すことを許されてません。
道路交通法57条と道路交通法施行令23条に該当する違反です。
リードを付けて散歩していると当然はみ出した状態になりますし、自由に動き回るので周囲からすれば危険極まりないです。。
ただし、犬を荷台に付けたキャリーバックに入れて運ぶのであれば、犬の散歩にはなりませんが問題ありません。
警察官の言う通りの積載物に関する違反になります。自転車でも同じ事です。
車両に乗った状態で動物の散歩をすることは周囲からすれば、棒を振り回しながら運転をしている事と変わりありません。
健康のためにもペットと一緒に歩いて散歩しましょう。
◆道路交通法の第五十五条違反になりますね。
第五十五条 車両の運転者は、当該車両の乗車のために設備された場所以外の場所に乗車させ、又は乗車若しくは積載のために設備された場所以外の場所に積載して車両を運転してはならない。ただし、もつぱら貨物を運搬する構造の自動車(以下次条及び第五十七条において「貨物自動車」という。)で貨物を積載しているものにあつては、当該貨物を看守するため必要な最小限度の人員をその荷台に乗車させて運転することができる。
犬は携行物なので、積載法違反で有り、また犬の行動によりハンドルを取られる可能性もあります。
過去質問を拝見しましたが、足に障害をお持ちのようなので、シニアカーを利用されることを検討されたら如何でしょうか? これは車両の扱いを受けません。歩行補助具になります。
◆リードを持っているので危険運転の対象になったのでしょう
犬ぞりのようにすれば道路交通法では合法となります。
◆誹謗中傷ではありません。
本当のことを書きます。
あなたに常識がないだけです。
◆自転車で違反な物が原付で違反に成らんわけ無いだろう。
◆完全なイチャモンです( ̄^ ̄)
愛犬が喜ぶペットフードはこちら

コメント