咳が止まらずつらいです。 4年前に咳喘息と診断され、レルベアという

咳が止まらずつらいです。
4年前に咳喘息と診断され、レルベアという吸入薬をずっと使用してます。
レルベアを吸入していても、気管支のムズムズが収まらず、いつまで続くかわからない治療 に耐えきれず、一度病院を変えました。
呼気からアレルギー反応を調べる検査?をしましたが、アレルギー数値は通常の人よりはやや高く、でも完全なアレルギーとは言い難い数値と言われました。2月になると咳が酷くなるので、花粉かな?と思いましたが花粉やダニなどのアレルギーも持っていないようです(血液検査はしてません)。
2つ目の病院ではモンテカルロストという薬を処方され、レルベアと一緒に服用してきました。
季節の変わり目、特に2月頃になると咳が酷くなりますが、そのうち自然に治ってたので今まで2〜3年くらい治療に特に疑問はありませんでした。
しかし、今年は全く咳が止まりません。
レルベアを吸入しても治らず、2月頃から疎らな咳が出始め、3月半ばからは毎日ずっと止まりません。
レルベアで咳が止まらないということは、逆流性食道炎による咳かも…とのことで、ネキシウムという胃酸を抑える薬を処方され、レルベアとモンテカルロストと一緒に1週間ほど服用してますが一向に咳が止まりません。
黙っていても、話していても、感覚的に気管支が痙攣しているような、ムズムズするような、押し出されているような感覚になり、我慢しても耐えきれず咳が噴出する感じです。
うまく言えないのですが…辛いです。
咳止めを処方してくれればすぐ治るのに…でも根本治療をしないと…と辛いです。
そもそも咳喘息なのでしょうか?
また違う病院に行ってみようかと思っているのですが、また同じ結果になりそうで…。
同じような経験のある方いらっしゃいますか?
もしくはこういったことに詳しい方、お知恵をお貸しください。
愛猫が喜ぶペットフードはこちら
回答になるかどうか…何となく似た状況なので…
そして同じくここで質問して相談にのってもらいました。
私も数年前から咳が止まらないことがあり、その都度、咳喘息の診断でアドエアが処方されていました。
昨年6月から胸の痛みと咳が止まらなくなりネキシウムとアドエア、スピリーバなどの処方がありました。
スパイロ検査で気管支喘息と。
喫煙はしていなく猫を飼っていたので、医師からは「猫による気管支喘息」との診断。そこから気が狂ったように掃除、掃除、掃除…(笑)
咳が治まるまでに二ヶ月はかかり、その後も息が苦しいと言うか喉の奥が詰まるようなヒリヒリムズムズするような状態が続いていました。
苦しくても肺の音はきれいで喘鳴もなく夜の症状悪化もありませんでした。
もともとスギとヒノキのアレルギーがあるので年末から警戒していましたが悪化はなく…
治療に対して不満もあったので、二月末に健康診断で胃カメラとアレルギー検査(39項目)も受けて、四月にその結果を持って違うクリニックを受診しました。
そこで呼吸器NO検査をして『15』。気道の炎症は問題なし。
アレルギーの結果もスギとヒノキだけで他は陰性。
診察では「逆流性食道炎による喘息でしょう。喘息もいろんな原因があり人それぞれ違う。あなたに合う治療をしましょう。猫ちゃんが原因でなくて良かったですね。それにしても薬付けにされていますね(笑)」と言ってもらい、今ではネキシウム(20)とレルベア(200)とプラルンカルストのみになりました。
おかげで大好きな猫ちゃんと戯れることもできるし、薬代も半額に減りました♪
私もまだまだ喉の奥のつっかえ感というかヒリヒリが出ることもあります。
今はまだ私に合う治療を探している最中ですが原因がわかってきて気持ちが楽になりました。
あ、私は女性ですが月経の前に喉のヒリヒリ感が強くなります。たぶん月経前症候群で食道や胃が荒れているのかなぁ。
不安や不満を抱えたままではストレスにもなるし、治療の効果も発揮できないと思います。
血液のアレルギー検査や胃カメラをしてもらってもいいし、今の医師に不満があれば他の病院へ相談に行ってもいいかもしれませんね。
お互い、身体的にも精神的にも経済的にも自分に合った治療が見つかるといいですね。
(ほとんど経験談で回答になっていなくてごめわなさい)
◆私の場合は、気管支喘息なのですが吸入薬を使用しても、プレドニンを服用しても他の薬剤を使用しても咳が止まらず、主治医が1つ使いたい薬剤がある、これで止まらなければ大学病院へ行って他の先生の意見も聞かないとダメかなぁ〜という感じでした。
それでスピリーバを処方してくださって吸入すると2日程で咳が緩和しました。
玄関のドアを開けて外に出ただけでも咳が止まらず、四六時中咳き込んでいましたが、スピリーバを吸入すると咳がマシになりました。
スピリーバはCOPDの治療薬ですが…その頃、重症持続型喘息に保険適応になったばかりの薬でした。
今は薬剤量の種類も増えて、軽い喘息の人も使えると思います。
(咳喘息には適応がないかもしれませんが…)
使用出来るか相談されてみては?
また、私の知人の知人は3年間気管支喘息の治療をしていましたが、改善されなくて大学病院で検査をし直したところ、喘息ではなく自己免疫疾患だったそうです。
他の知人は咳喘息の診断で吸入薬を使用していましたが、これも全く咳が止まらなかったので、耳鼻科を受診するとアトピー咳嗽だった様で抗ヒスタミン薬を服用すると咳が止まったそうです。
質問者さまの場合、何が原因で咳が出ているのか?わかりませんが、色んな角度から治療をされてみると良いと思います。
薬剤もワンパターンではなく色々調節してみると良いと思いますよ。
愛犬が喜ぶペットフードはこちら

コメント