ペットとして飼う犬や猫は、野良猫、野良犬と増えると、人間社会で糞

ペットとして飼う犬や猫は、野良猫、野良犬と増えると、人間社会で糞尿被害、車の上に乗り、傷つける。 だから、一般の市民の人が殺すのは、
みだりに、殺していると、
人間まで殺すようになるから、
一般市民は、殺さない方が良いです。
しかし、仕事として、保健所や、屠殺場で、殺すのは、かわいそうだが、人間社会を環境を守るためには、殺害して人間社会を生きて行くのには、大切である。
また魚を釣る事も、漁師として、仕事をしている人は、殺して生活の糧をうる。
一般市民は、むやみに魚を食べるなら、良いが、捨てるほどなら、釣らないほうが良い。
また外来種の魚や昆虫、外来種動物、ヌートリア、アライグマ、など、日本の生態系を狂わす動物は、殺しても良いだろう。
イノシシ、くま、さるなど増えすぎると農作物に、損害が出るのである程度は、殺さないといけない、
しかし、みだりに、殺していると、人間を殺したくなるから、
あまり殺生は、一般市民はしない方が良いだろう。
仕事としている人は、割り切って殺して良いだろう。
人間社会の環境を守るためだとと、思う。
そらと、殺人との関係は、ないだろうか。
私は生き物を殺していると、人間を殺して見たくなる心があるのではないかと思います。
だから、できることなら生き物を殺さないでほしい。
ただ、仕事で殺すのは、割り切って殺して良いだらう。
どう思いますか。
愛猫が喜ぶペットフードはこちら
人は良くも悪くも他の動物より本能が薄くあります。
三大本能は「食欲(個の維持)」「性欲(種の繁栄)」「集団欲(個と種の保護)」ですが、人間以外の種はこの「保護」も強く、学ばずとも同種を趣味趣向イタズラに殺めることは少ないのです。
しかし人間は本能が薄く、それに変わる学習による価値観の変化で、他の命や人の命でさえも殺めて「当然」と思うようになるのです。
その証拠に例えば、自分の身体に止まった「蚊」を払ったり叩き潰すのに躊躇(ちゅうちょ)する人はそう多くないはずです。
蚊をたたく前に「ごめんね。ごめんね。叩こうかな、やめようかな、あーどうしよう」とは思いませんね。
叩き潰したあと「あっ、一つの命を殺めてしまった。申し訳ないことをした。ごめんね、ごめんね」
とも思いません。
正当性を主張せずとも『だって蚊だし。危害を加えるモノには制裁を』
という意識。
これがペットに成り得る犬や猫ならどうでしょうか。
躊躇なく殺めようものなら『人で無し』と言われるでしょう。
蚊を躊躇なく殺める人から、犬を殺めたら『酷い。人で無し!』と言われるわけです。
前置きが長くなりましたが、法律を無視するなら、『目に映る命をどう判断するか?』等というのは個人の中の勝手な基準でそれを考えることはナンセンス(意味が無い)ということ。
漁師や酪農家は賃金を得て生きる為に魚や家畜を殺しまくっているが、それを罪とは思わず、人の命をそれと同じ感覚でもてあそんだりはしません。
外来種も元は人が持ち込んで環境を変化させた結果「そこで一生懸命に生きるしかなくなった」命ですから「殺して良いかどうかを人が言及」すべきところではなく、外来種に追いやられた固有種が自分を守る為に外来種を殺すのを応援するしかないでしょう。
事実というか真理として
『生きるのに、自分の中で必要な行動の中に「命を殺める」という行為があるなら、それをしなければならない。』
ただそれだけだと思います。
◆質問者さんの意見は正しいと思います。
幼児に動物を殺す現場を見せると間違いを起こすかも?
幼児が、幼児を殺した事件は、あります。
賭殺場で働く方が、殺人鬼になることは無いと思います。
猟師が殺人鬼になることは無いと思います。
猟師が精神障害を起こせば危険です。
動物を、人前で殺すと嫌悪感を抱く方がいるので止した方が良いと思います。
ホラー物の、ビデオを沢山見ていた方が、殺人を起こす事例はあります。
殺人は精神に問題のある方が起こすのでは?
◆人間以外の動物の殺生をすることはやむを得ない時もあると思います。おそらくエゴなのですが、人間の生活を脅かすような状況がある場合には、行政の仕事としてそれを代行すると言うことになると思います。それ以上の悲惨なことにならないよう、市民が参加してどこまでなら許されるのか?という合意形成をしておくべきかと思います。
愛犬が喜ぶペットフードはこちら

コメント