盲導犬は、障害者の生活をサポートするために存在しているため、いか

盲導犬は、障害者の生活をサポートするために存在しているため、いかなる状況下であっても、四六時中障害者と行動を共にする必要があります。しかし、彼らが老い、盲導犬としての役割をこなせな くなったら、もう用済みです。一般的には10歳(人間だと60歳程)で盲導犬は引退するので、元気に動き回れる若い期間は全て仕事に持っていかれ、後は老衰した体で死んでいくという悲惨な人生を送ることになります。
こんなことがあっていいんでしょうか?確かに、犬はもう完全に人間の支配の下でペットとして飼い慣らされる動物となっています。
しかし、だからと言ってこのように道具としてだけ利用するような事態があっていい訳ではありません。「犬を老衰するまで道具として働かせ続ける」といった状況において、人間が盲導犬を、動物を「愛護」
できているのでしょうか?にもかかわらずこうした状況を黙視している「動物愛護団体」とは一体何なんでしょうか?
皆さんの意見をお聞かせください。
愛猫が喜ぶペットフードはこちら
↑この動画の盲導犬を見ると考えが変わるかもしません。
◆何を憤っているか理解できませんが、本来の人と犬の関係に近いんじゃないですかね。何も食用のみが家畜ではないでしょう。
動物愛護は動物を家畜から解放するものではありません。利用する中で、よりよい扱いにしようとする流れにすぎません。
◆盲導犬などは働くことて褒められることを喜びとしています。
人間のために一生懸命働いてリタイヤ後はいい飼い主さんの元で
ゆっくり余生を送ってもらいたいですね。
◆犬によっては働く事を生きがいとする子もいます
なにもしないで飼われるよりお仕事をして褒められる事が喜びである
後付けの人間の都合かもしれませんが…
盲導犬 警察犬などリタイヤ犬はパピーウォーカーで幼少で褒められた経験しかない家に迎え入れたりお疲れ様だったねと老犬覚悟で迎えてもらう家を探すボランティア団体もあります
屋外で餌だけもらう遊んでもくれない
飼い主の役に立つ
なにが犬にとってベストか…
◆ロボット技術が発展してきてるんで、もうすぐ補助犬たちのお仕事もロボットに変わると思いますが、これまでは賢い犬たちの力を借りなければ、生活できなかたので、大変な訓練と、介護を押し付けて多くの犬の自由を奪ったと思いますが、仕方ない事だったと思いますし、道具と言うよりパートナーという間がらだったと思いますよ
◆時間を持て余して留守番中、もしくは飼い主に構ってもらえない時間は食べる寝る以外やる事のない大半のペットと比べれば、遥かに幸せだと思います。
愛犬が喜ぶペットフードはこちら

コメント