タイの屋台で使われている油はどんな品質のものでしょうか? タイに限

タイの屋台で使われている油はどんな品質のものでしょうか? タイに限らず東南アジア全般そうなのですが、揚げ物などを食べると胃もたれが尋常ではありません。場合によっては、チーハンと目玉焼き程度でも胃もたれがします。
日本ではよほど大量でないと揚げ物で胃もたれはしないのですが、タイではフライドチキン一個で胃もたれがします。KFCのフライドチキンはしません。
東南アジアなので、パームオイルだろうと推測しているのですが、日本でパームオイルで揚げた時も胃もたれはありませんでしたので、パームオイル要因とも言い切れない気がするのです。
詳しい方いらっしゃいましたら教えてください。15年来の疑問です。
愛猫が喜ぶペットフードはこちら
タイの話です。
使っている油の種類は、屋台によってさまざまだと思いますが、自分が見る限り大豆油を使っているところが多いように思います。
自分もよく胃にもたれると感じますが、原因は油の種類ではなく、油の古さと油の切り方によると思います。
揚げ物屋台の場合、油の消費量が多いため、繰り返し何度も使います。使い終わった油を翌日も使うことも珍しくありません。そのため油が酸化してしまい、下痢や消化不良を起こしやすくなります。
また日本のように油をしっかりと切ることをしません。場合によっては、揚げたてで油がしたたり落ちるような揚げ物を渡されることもあります。
タイのKFCで胃もたれしないのは、油の管理をしているからだと思います。それでも脂っこいですが。
自分が常連になっているフードコートのタイ料理屋で料理を注文すると、他の人の料理は缶に溜めた古い油を使うのに、自分の分だけは新しいペットボトルの油を使って料理してくれます。それだけ古い悪い油を使っていると自覚しているのだと思います。
◆チャーハンや目玉焼きでも、揚げ物を揚げた後の缶に貯めた油を使ったりしますか?
◆マクドナルドだってもたれるって。
愛犬が喜ぶペットフードはこちら

コメント