私は家の猫に極たまに、鰹節をあげているのですが、 ネコに鰹節はあげ

私は家の猫に極たまに、鰹節をあげているのですが、 ネコに鰹節はあげても大丈夫なのですか?
少し、心配になったので( ̄▽ ̄;)
愛猫が喜ぶペットフードはこちら
ネットでは、「煮干、鰹節削りを食べさせると、猫が病気になるので与えるな。」と、大げさに説明される方が多いですが、与える量の程度しだいだと思います。
『煮干や鰹節削りに含まれる「マグネシウム、カルシウム」が尿路結石等の泌尿器疾患の原因になる。 また、塩分(ナトリウム)が腎臓病。高血圧症の原因になる。』恐れはゼロではありません。
ただし、煮干・鰹節削りに含まれているマグネシウム・カルシウムの含有率は、『猫の下部尿路の健康に配慮したフード』と書かれているドライフードの2~3倍でしかないのです。
毎日大量に食べさせなければ、それほど騒ぐ数値でもないです。
「煮干なら、小さめ(3cm)のを1日に3匹(2~3g)程度」、「鰹節削りだったら、軽く一つまみをトッピング(1日に1~2g)してやる。」だったら、毎日与えても影響はないと思います。
(我が家の猫が食べていた「削り節+煮干」のメーカーの説明書には、1日に与えても良いのは5g以内となっていました。)
「煮干・鰹節削りを与える時は『ペット用』として売られているものを」と言われている方も居ますが、人間用もペット用も製造工程は変わらないと思います。(と言うよりも、わざわざペット用には作っていないでしょう。)
以前、市販の鰹節削りを調べた時に、人間用よりペット用の方が塩分率の高い物も有りました。
我が家の長女猫(現在7歳)は、鰹節削りが大好きです。
鰹節削りの匂いがしないと食べないので毎食必ずトッピングしています。
それでいて、ソフトタイプの「焼き鰹」のブロックや、鰹の缶詰などは嫌いなようで食べないです。
◆週一程度でひとつまみ程度なら大丈夫かと。
本来ならあげないのがマニュアルでしょうが、あげたくなるのも人情というもの。
まぁ私も鮭とばをたま~にふたかじりあげてます。
◆人間用のかつお節は塩分が多いので、できればやめたほうが良いですね。
あげるなら、猫用の減塩のものにしたほうが無難です。
◆食べるのならいいでしょう。
猫も馬鹿じゃないから、しょっぱ過ぎたら食べません。
愛犬が喜ぶペットフードはこちら

コメント