【問】セファルディムがアシュケナジムに比べて虐殺されなかったのは何故?…

【問】セファルディムがアシュケナジムに比べて虐殺されなかったのは何故?…

セファルディムがアシュケナジムに比べて虐殺されなかったのは何故?…

セファルディムがアシュケナジムに比べて虐殺されなかったのは何故?ポグロムで執拗に弾圧されたアシュケナジムに比べセファルディムは啓典の民として生き残った感があるのは何故ですか? 中東よりも北欧・ロシアの方がユダヤ人にとって治安が悪かったのでしょうか?

ヨーロッパにいたセファラデイムはいっぱい殺されたですよ。生き延びたのはアジア圏にいたミズラヒムです。インドも中国も...アンサー

セファルディム(スファラディ)は、アラビア人のユダヤ人を指す用語になってます
しかし、語源は異なり、スペインに住んで居たユダヤ人を指します
スペインから追放された後、多くは中東やアフリカに移動し、一部はオランダ・イギリス・トルコなどに住んだユダヤ人です
正確には、ミズラヒが、中東やアフリカのイスラム教国で生活していたユダヤ人を指します
スファラディ・アシュケナジー・ミズラヒと3分類する場合、質問者さんが言われる生き残ったユダヤは、ミズラヒです
スファラディ・アシュケナジーと2分する場合は、語源(スファラディは元々スペインのユダヤ人を指す)とは異なり、スファラディを、アラビア人のユダヤ人と理解し、イスラム社会で生活していたユダヤ人を指します
ユダヤ人とは、元々アラビア人の一種であるヘブライ人であり、その中のユダヤ教徒をユダヤ人と言います
アシュケナジーとミズラヒの待遇差はなぜ生まれたか
2大理由は以下でしょう
「ユダヤ人の民族主義が強烈で同化せず、住んでいる国に忠誠を誓わないばかりか、平気で裏切るから」
「闘争型のキリスト教社会で、キリストを殺したユダヤ人は呪われた民族とされ、ユダヤ教排除もユダヤ人排除につながった」
加えて以下の要素
「離散する一方で広域にまたがる商人でもあり、後ろ盾を持たないため、利害関係から排除された」
ローマの歴史家ディオドロス(BC1C)は、以下のように記述してます。
「あらゆる民族の中でただユダヤ人のみは、他のどのような民族ともうまくやっていくことをことごとく拒絶し、他の全ての人間を敵とみなしている」
更にローマの偉大な歴史家タキトゥス(AD55~120)は、以下
「ユダヤ人の習慣は卑しく忌まわしく、ユダヤ人がその習慣に固執するのは、彼らが腐敗堕落しているからである。ユダヤ人はユダヤ同士では極端に忠実であり、いつでも同情を示す用意ができているが、異民族に対しては、憎悪と敵意しか感じない。民族として激しやすい。」
ユダヤ人の特徴を記述した文献として注目されます
キリスト教は、キリスト教徒だけが天国に行けて、異教徒は地獄行きという宗教です
聖書で神は、異教徒は皆殺しにせよと指示してます
キリスト教の欧州の歴史は戦争の歴史です
特に十字軍が編成されてイスラム軍と戦う様になった頃にユダヤ排除が目立ちます
ほぼこの時期が、ユダヤ人の差別・排除が始まった時期と言えます
金融業はキリスト教徒に禁忌されてましたが、ユダヤ人は平気で金融業に就きました。
これもユダヤの金貸しとして嫌われる理由の一つです
ヒトラーがユダヤ人に対して抱いてきた最大の危惧は、ユダヤによる金融支配です。
ヒトラーの著書から朗らかで、それを阻止しようとユダヤ人を排除してます
また、「ゲットー」は16世紀にベネチアに初めて設置されました
ローマ教皇パウルス4世がユダヤ人にゲットーへの居住を強制すると、またたくまに世界各地へ広まり、その後、約300年間も存続してます。
キリスト教によるユダヤの迫害は、バチカンまで関わっていたわけですね
キリスト教やユダヤ人の特徴を示す事件にはオランダの独立戦争があります
16世紀に神聖ローマ帝国を分裂相続したスペイン帝国のフェリペ2世は強烈なカソリックでした
当時のスペイン領オランダは清教徒に近いプロテスタントです
フェリペ2世は、オランダに対して、カソリックに改宗しない事を理由に、オランダ人全員に死刑を宣告してます
オランダは生きるために、当時最強のスペイン帝国と勇敢に戦い、その戦いぶりに清教徒が多いイギリスが称賛・同情して、オランダと同盟を結んでスペインとの30年戦争になってます
ところが、オランダのユダヤ人たちは、スペインに大量の武器を売りさばいてました。
その為、オランダ劣勢でした
ユダヤ人たちは、オランダで一旦拘束されるものの、裁判で勝訴し、自分たちの商売を当然の権利として認めさせてます
こういうユダヤ人の民族主義、まつろわぬ姿勢が、不信を生む大きな原因です
ユダヤ人はどの国に住んでも同化しようとせず、国家を平気で裏切ります
居住国への帰属意識など無く、ユダヤ人という意識しか無いのですから、裏切りの認識すら無いでしょう
ユダヤ人として当然のことをしたまでということ
その意味では、大正時代に起こった、日本での在日朝鮮人虐殺も同じ心理だと言えます
朝鮮人の性格は、ユダヤ人に酷似してます
——————————————————–
ユダヤの血筋・人種も影響が大きかったと言えるでしょう
1993年、テルアビブ大学の教授である言語学者ポール・ウェクスラー (Paul Wexler) は、イディッシュ語がスラブ系言語に起源を持ち、後にドイツ語の語彙を取り入れたものであることを示し、東欧のアシュケナジムはユダヤ教に改宗したスラブ系およびトルコ系民族にごくわずかの中東系ユダヤ人が合流したものであるとする『The Ashkenazic ‘Jews’: A Slavo-Turkic People in Search of a Jewish Identity』を発表しています。
しかし、アシュケナジーの遺伝子にYAP因子はありません
従ってアシュケナジーは、ヘブライ人含むアラビア人や中央アジアの人々、および日本人(縄文人)とチベット人などとは、別の民族です
つまり、アシュケナジーはハプログループのD及びE及びDEとは別の白人種であるわけです
故にアシュケナジーは白人社会である欧州に住んだのですが、時期的には、ユダヤ教に改宗したハザールが解体して離散したAD965年前後からであろうと思われます
最初の十字軍編成は、1096年であり、キリスト教至上主義が非情に強くなっていた時期と考えられます
この頃からユダヤ教・ユダヤ人排斥が目立ってますので、アシュケナジーの弾圧要因は、キリスト教が第一要因と言えるかもしれません
スファラディは15世紀にスペインから追放され、多くは中東やアフリカ諸国に移住してます
当時のスファラディは、恐らく白人との混血が進んでいたのではないかと推測されますが、アシュケナジーと比較すると欧州に住んでいた数はずっと少なかったようです
ユダヤ社会での文献では、ロックフェラーはスペイン出身のスファラディと記述されているとのこと
現在ロックフェラーがキリスト教徒であるのは確実であるが
アシュケナジーとスファラディの2分法だと、例外・矛盾が出てきます
スペインやポルトガルは8世紀~15世紀まで、長らくイスラムのウマイヤ朝などの支配下にありました
この時代、キリスト教徒・ユダヤ教徒もいましたが、啓典の民として寛大な措置が取られてます
15世紀にレコンキスタが完成しイスラムから脱し、白人のキリスト教の王国となり、イスラム教徒には寛大な措置がとられましたが、ユダヤ人には厳しく、1492年ユダヤ教徒追放令(ユダヤ人追放令)が出されててます
これによって、スファラディの離散が始まり、多くが中東・アフリカに移動し、少数が地中海沿岸の欧州諸国、トルコ、オランダ、イギリスに移住してます
以前は20万人規模のユダヤ人追放とされてましたが、現在では10万人以下の規模で、ユダヤ人と言うよりもユダヤ教徒の追放だったとされてます
従って、白人も相当数いて、混血もかなり進んでいたと考えられます
中東・アフリカ以外(つまり、欧州とトルコ)に移住したスファラディは、アシュケナジーとスファラディの2分法では、アシュケナジーになりますので矛盾となるわけです
欧州とトルコに移住したスファラディは、白人の風貌であったようです
肌の色が違うアラビア人(=有色白人種)だという記録が見つかってませんので
欧州に比べて、多様な人種を受け入れる中東諸国で、人種は特に問題でなかったようです
中でもトルコは人種のるつぼで、アレクサンダー大王の遠征によって、白人の血も入っており、アジア系も多い国です
ミズラヒの場合は、アラビア人ですし、文化的にも問題なかったようです
ミズラヒは、イスラエル共和国のアシュケナジーたちに呼び集められてますが、この時から、イスラエルに移住したミズラヒをスファラディと呼ぶようになってます
アラブ諸国は同胞意識が強く、イスラエルを取り囲んだアラブ軍は、何度もミズラヒ(スファラディ)たちに、投降を呼びかけてます
「ユダヤ教徒のアラビア人たちよ」と
彼らに攻撃を加えたくなかったのですね
アラブ諸国=イスラム教国が、ミズラヒといかに親密であったかが伺えます
アラブ諸国は、ミズラヒムを同じアラビア人と認識してます
しかし、アシュケナジーは異なる人種=白人と認識してます
◆ヨーロッパにいたセファラデイムはいっぱい殺されたですよ。生き延びたのはアジア圏にいたミズラヒムです。インドも中国もミャンマー、中東アフリカもユダヤ人迫害をしなかったので生き延びてます。
仏教ヒンズー、儒教道教はユダヤ教と対立しなかったのでユダヤ人は技術者しながらリッチに暮らせたのです。
だけどユダヤ人は音楽美術芸術学問が好きなのでどうしてもそれらのできるヨーロッパに集まっていきます。ペルシャバグダッドが学問世界一の時代はこの辺に集まってました。スペインが学問世界一になるとイベリア半島に学問好きが集まっていきました。
イベリア半島をセファラデイムと呼びスペインポルトガル出身でカステイーリア語ラデイノ語で会話してたユダヤ人をセファラデイムといいます。ラインラントに住んでたドイツユダヤ人が東欧にひろがったのをアシュケナジ。9世紀のドイツ語イエデッシュ語で商取引してました。アシュケナジとセファラデイムは礼拝の仕方が違うらしい。
アフリカ中東、アジアに広がったユダヤ人はミズラヒム。
この中でキリスト教圏での差別迫害が激しかったのでヨーロッパのユダヤ人は沢山殺されてきました。ヨーロッパに居たアシュケナジもセファラデイムもひどい殺され方です。迫害があるたびにイスラム圏に逃げてます。しかしイスラム圏には書店がなかったりするのでまたヨーロッパに戻ります。
イベリア半島の異端弾圧以後スペインポルトガルユダヤ人はアフリカ中東に逃げ一番受け入れてくれたのはオスマン帝国です。イスタンブールが一位テッサロニキが二位だった。オスマントルコ支配下のバルカン諸国も金持ちで技術者の多いユダヤ人を受け入れてくれた。
オスマントルコ支配下は魔女狩りしなかったので魔女狩りの多い西欧中欧のユダヤ人はバルカン諸国に逃げました。ユダヤ人はポーランドロシア、ウクライナ、ルーマニアとか東欧に圧倒的に多かったですね。異端審問魔女狩りが少ないからです。
ポーランドは十字軍の時もペスト禍の時も異端審問の時もユダヤ人にやさしかったので世界一ユダヤ人が集まってました。
スペインは異端審問が380年以上続き、ひどいことしたなとユダヤ人への自責感があるのです。それでナチス時代バルカン半島のスペイン外交官がスペインユダヤ人を25000人スペインに逃がしてくれたのです。
ヨーロッパではアシュケナジ村もセファラデイム村も全滅させられました。
しかしプリモレビに言わせるとドイツ語のわかるアシュケナジはナチスの収容所で生き延びた人も結構いる。ドイツ語ちんぷんかんぷんのイタリアギリシャ、仏セルビアのユダヤ人は生き延びれなかった。
旧ソ連圏でユダヤ人犠牲者が多かったのはナチスが何のためらいもなくユダヤ狩りができたからです。極貧層はドイツ20マルク欲しさにかたっぱしからユダヤ人を密告した。ブルガリアは国ぐるみユダヤ人を匿ったしデンマーク、スエーデンもそうだった。
宗教はぼろいです。
昔のキリスト教はユダヤ人を生贄にしてぼろ儲けしてました。帝政ロシアの宮廷費用もロシア正教の運営費もユダヤ人の税金からだった。
昔は民衆が無知なのをいいことにデマを言いふらす。
ユダヤ人は男でも生理がある。
生理のたびに大量の血液がなくなるので血液不足になり血液補うためにキリスト教徒の子供をさらって食べる、、こんなデマ流してました。
1100年~1300年ころ盛んに行われた儀式殺人告発はしばしばユダヤ人虐殺を招いた。
キリスト教徒の子供が変死を遂げるたびにユダヤ人の仕業と決めつけ
幼児の聖人を祭りあげ教会は有名になろうとした。
ユダヤ人はキリストの受難を冒涜する儀式を行う。キリスト教徒の幼子をさらってきて磔にし殺害をする。といういわれなき虚偽の告発であった。
ユダヤ人によって殺害されたとみなされた子供は聖人に祭り上げられ遺体は教会に祀られ巡礼地になった。第二次大戦後のポーランドでユダヤ人が儀式殺人するというデマが飛び交い収容所から生還したユダヤ人が殺された。
ユダヤ人は古代から財産奪われ殺されまくりです。異端審問の時、魔女狩りのとき
十字軍の時、蒙古襲来の時、ペスト禍の時、何かあるとユダヤの陰謀ユダヤのしわざと言って殺して財産奪ってきました。異端審問や、魔女狩りのときは
ユダヤ人は拷問代まで払わされ火刑の時の薪代まではらわされた。
中世の昔からユダヤ人はゲットーの外ではキリスト教徒と出会うたびにお辞儀しなくてはならずたとえ向こうから来たのが赤ん坊でもお辞儀しないと鉄拳制裁を加えられた。ユダヤ人はイエス殺しイエス殺しと言われて殺され財産奪われるのが当たり前の世の中になってました。
ヨーロッパの各地で教会は異端審問をおこない
裕福なユダヤ人を血祭りにあげた。
異端審問でスペインポルトガルからユダヤ人がいなくなるとユダヤ人から高額の税金取れなくなり寂しくなってベネルクスまで追いかけてってユダヤ人を殺し略奪してました。
ヘンゼルとグレーテルの魔女はユダヤ人であるといってユダヤ人狩りしてた。
科学の未発達な時代は天変地異が起きたって解明できずすべて悪魔魔女のしわざであると教会は説教したのです。悪魔魔女はこんな顔をしてます。捕まえてくださいとポスター貼った結果ユダヤ人が沢山つかまり火刑にされた。


質問タグ:ユダヤ人,セファルディム,アシュケナジム,アシュケナージ,セファラデイム,スファラディ,ポグロム

【PS4】個人への回答リクエストですので、意味が分からない方もいらっしゃる…

個人への回答リクエストですので、意味が分からない方もいらっしゃる…

個人への回答リクエストですので、意味が分からない方もいらっしゃると思います。 こちらは元ヴィーガンのかたのブログです。
://vegan-animaljugemjp
ぜひ感想を聞かせていただきたいです。
それでも猫は肉がなくても問題ないと言えますか?
また、動物の権利だと言うなら、猫などの肉食動物には、生きる権利はありませんか?

アンサー

疫学的な根拠を示しましょうか?
完全肉食動物である猫は、穀物の消化が不可能ではありませんが苦手です。
だから、最近のキャットフードはグレインフリーのものが増えています。
一方、代表的なヴィーガンキャットフードであるamiの公式サイトには「トウモロコシ、豆類」が含まれると書いてあります。
://wwwyousei-no-morijp/originalhtml
消化が苦手なものをわざわざ与え続けることが、健康にいいわけないです。
また、こちらのサイトには「amiのキャットフードはAAFCO(米国飼料検査官協会)が示す総合栄養食の基準を満たしていません」とあります。
://キャットフード食べ比べcom/ami-catfoodhtml
こっちのサイトにもありますね。
獣医師や獣医学書でも、推奨されていません。
葉酸値の低下が確認された、という研究結果もあります。
s://the-malcom/howtolivewithcats/vegan-cat-food
猫にとって必要な栄養素がすべて含まれるとしても、不安だらけの食べ物であることは確実です。
そんなものは、安全性が確認できるまで止めておく、と判断するのが普通です。
◆ちなみに上記リンクは、5分ほど検索してあっさり見つかりました。
それくらい、疑いが持たれているんでしょう。
お勧めしてるのはヴィーガンだけです。
まあ、これまでに何度も矛盾をしてきされまくりながら逃げ続けてきた人だから、今回も「デモデモダッテ」でかわすんだろうなあ。
あ、ちなみにgatという人、「肉食動物の肉食もいけないこと」と言ってましたよ。
s://detailchiebukuroyahoocojp/qa/question_detail/q131932138
◆ペットフード販売士さんは、s://massanpetfoodsshop/about-catfood/veganhtml
【猫がヴィーガン食を実践した場合に足りない栄養素】
たんぱく質
猫は肉から摂取したたんぱく質をエネルギーに変換して生きていく構造になっています。同じたんぱく質でも植物性は消化吸収率が悪く、効率よく活用することができません。
タウリン
また猫には必ずタウリンが必要です。このタウリンは肉や海藻から摂取します。
本来ほとんどのタウリンは肉から摂取している猫にとって、海藻からだけタウリン必要分を摂取するのは難しいでしょう。
因みに地上の植物にはタウリンは含まれていません。
ビタミンB12
ビタミンB12も海藻など海苔に含まれています。タウリンと同じくこれからだけの摂取は難しいと考えられます。
鉄分
動物性食品に含まれる鉄分と比べると植物性に含まれる鉄分は吸収率が悪いと言われています。
大豆に多く含まれていますが、たんぱく質も鉄分もなんでもかんでも大豆からというわけにもいかないことは容易に想像がつきます。
こうした理由からも猫が純粋なヴィーガンとして生きていくことは非常に難しいことです。
【栄養調整してあればヴィーガンキャットフードでも大丈夫なのか?】
数値上は大丈夫ということになるのかもしれませんが、動物性と植物性では消化吸収率が大きく違うことがわかっています。
このため、数値で表せている通りには摂取できないことは十分に考えられます。
って言ってるっすね。
そんで、ヴィーガンキャットフードが販売されてる理由を「動物性たんぱく質アレルギーの猫を救うための選択肢のひとつとしてもヴィーガンキャットフードがあります。」って言ってるっす。
つーことは猫の命や健康の事を思うなら、動物性たんぱく質アレルギーじゃない猫ちゃんに、わざわざ栄養不足になる可能性があるヴィーガンキャットフードだけをやり続ける必要性まったくないと思うっすねー。
下手すると愛護法で禁止されてる、「健康管理をしない」っつーネグレクト虐待になるんじゃね?
◆個人的な経験は意味がないと考えます。
ヴィーガンキャットフードがいけない、科学的根拠(できれば疫学的根拠)をお示しください。


質問タグ:ヴィーガンキャットフード,元ヴィーガン,ビタミンB,権利,タウリン,肉食動物,ビタミンB12

コメント