【実績No.1】教えて下さい! 二日前にへその緒がついた仔猫を保護しました。 二時…

【実績No.1】教えて下さい! 二日前にへその緒がついた仔猫を保護しました。 二時…

教えて下さい! 二日前にへその緒がついた仔猫を保護しました。 二時…

教えて下さい!
二日前にへその緒がついた仔猫を保護しました。
二時間~三時間おきに、ミルクを与えてますが、
一回のミルクで、どのくらいの量を与えてれば
心配ないですか?
あまり にも、飲む量少ないと心配になります。
ネットで調べましたが、書いてある量が違うので
不安になってます。
このくらいの仔猫を育てた事がある方
アドバイスお願いします

アンサー

ミルクのメーカーごとに、粉ミルクの処方が違うので、授乳時の濃度が違います。
哺乳期のミルクの量は、使っている銘柄の缶に表記してある量を、目安にしてください。
たとえば、森乳ワンラックは 体重130gで、1日量は、「6~16gの粉を30~80mlに溶かす」(これを6~8回に分割して飲ます。)
共立エスビラックは、体重100gの生後7日以内の子の1日量は、「粉6gを30mlに溶かす。」
ニチドウ Drpro は、1日量は、「粉9gを30mlに溶かす。」です。
1日に30ml、それを6回(約3時間間隔)で授乳させると、1回は5ml程になります。
『人工授乳で育てるためのポイント』 (生後0W~6Wの子猫)
(1) 保温: 小さな子猫(200g以下)は、連れ帰ったらすぐに保温をしてください。 (気温が30度を超えている季節は、湯たんぽは不要です。)
体温が低下するとすぐに衰弱してしまいます。
室温は25℃(体重が200g以下なら28℃)ぐらいにします。
ペットボトルにお湯を入れ、タオルで巻いて湯たんぽ作ってください。
湯たんぽは、「猫の触れる面が人肌くらい」になるように調節して、猫ベツト(ダンボール箱と「爪の引っかからないフリースなどの柔らかな布」で作る)に入れてください。
湯たんぽが、暑すぎて脱水や、低温火傷(接触面が40℃を超えると危険)させないように注意してください。
猫ベッドは、湯たんぽが暑ければ、子猫が逃げられる広さにします。
産まれたての体温は355~36℃、歩き始めれば36~37℃、大人猫は384~388℃ぐらいです。
(2) 授乳 : 子猫用ミルクを38℃ぐらいに温め、哺乳瓶を使って授乳します。
子猫用ミルクがない緊急の場合は、脱水をさせないために、「牛乳か、砂糖水(100mlに小さじ1杯ほど)」を人肌に暖め、脱脂綿に浸したり、スポイト(ストロー)で一滴ずつ与えます。
牛乳は、手に入れば、乳糖調整のメグミルク「おなかにやさしく」のほうがいいです。
牛乳は猫が下痢をすることが有り、脱水症状になったり、栄養不足になるので、緊急にしか使えません。
人間の乳児用の粉ミルクも2倍ぐらいに薄めれば、緊急用には使えます。
ペット用品店・大き目の薬局で「子猫用粉ミルクと、哺乳瓶(乳首は細口) 」を購入します。
50℃ぐらいに冷ました少量のお湯に、規定量の猫ミルク溶かして、ダマのできないようにします。その後、お湯を追加して哺乳瓶に入れて、「人肌より少し高めの温度(38℃)」に調整します。
乳首の穴の大きさ(切り込み)は、子猫の吸う力に合わせ調節します。(逆さにしてゆっくりポタリと落ちる程度) ネジも、空気が流入するように、少し緩めます。
誤嚥を避けるため、子猫を必ず四つん這いにして授乳させます。(お腹を上にすると、誤嚥します。)
飲み終わったら、猫を縦に抱き、背中を撫でてゲップさせ、口の周りは濡れタオルで拭きます。
母乳と味が違うし、乳首の感触が違うのでので、最初は飲まないことも有りますが、あきらめず与えてください。
(仔猫に歯が生えてきたら、噛み切って飲み込まれないように、授乳の前に乳首の点検をしてください。乳首は消耗品です。)
** 子猫が生れたばかりで体が小さすぎると、哺乳瓶の乳首が大きすぎ、飲めないことも有ります。
そのときは、シリンジ(注射針の付いていない注射器)を使ってみてください。
先端を少し横に向けて、最初はピストンを軽く押すようにして、後は子猫が吸うのに合わせてください。
s://wwwyoutubecom/watch?v=3S1f8FK83Dg
シリンジを使う時は、喉の奥に勢いよく注ぐと、ミルクが気管支に入り、肺炎や窒息死させることもあるので、十分注意してください。
子猫が小さ過ぎて、シリンジでも飲めないときは、獣医に「チューブでの授乳」の相談をしてください。
体重と授乳量:
***授乳目安のミルクの量は、メーカーに依って違いますので、説明書の指示に従ってください。
当メモでのミルク量は、「森乳ワンラックのキャットミルク 缶入り粉ミルク」で計算して記述しています。***
0~1週齢(体重80~150g): 授乳50~60ml/日 : 授乳回数(5~6回/日)
2~3週齢(体重200~300g): 授乳80~100ml/日 : 授乳回数(4~5回/日)
4~5週齢(体重400~500g): 授乳120~160ml/日 : 授乳回数(3~4回/日)
① 体重は、個体差や、母猫から離れていた時間でも大きな差があります。 捨てられて、時間が経っている仔猫は、体重が半分ぐらいに減ってしまっている場合も有ります。
② 一日の量は猫の要求量によって加減します。
猫が欲しがるだけ与えてください。
③ 授乳は生まれたばかりだと、目覚めている間は3時間間隔で行います。
(3) 排泄: 仔猫は自力では排泄できません。補助が必要です。
ぬるま湯で湿らせ「硬く絞ったハンドタオル」で、肛門・尿道を優しくマッサージして排泄させます。 授乳の都度行います。
(排便をさせる場合は、肛門にタオルを当てて、擦らないで、押し付けたままお尻全体をゆするようにして刺激をします。)
自力で排泄できるようになるのは、生後4週齢位からです。(自力で排泄できるようになったら、猫砂を入れたトイレを用意してやってください。)
仔猫を拾ったばかりのときは、胃に何も入っていなかったりするので、排便をしないことも多いです。
また、食べ物が変わるので便秘気味のことも有りますが、出るまであきらめず補助をしてやってください。
(便は4日、尿は15日以上出ない場合は、獣医に相談してください。)
(4) 離乳食 : 体重が約450gになったら、離乳食の練習を始めます。
母猫の母乳やミルクしか飲んでいなかった子猫は、吸うことでしか食事を摂れません。
離乳食を食べるには、舌で舐め取る練習が必要です。
市販の離乳食か、ドライフードを暖かいミルクで練ってペーストにしたものを使います。
おかゆの固さに練ったペーストを、指で子猫の上唇に少し塗り舐めさせます。
できるようになったら、指に付けて舐めさせます。
次にお皿に1mmくらいの厚みで乗せ舐めさせます。
何回かすればお皿から食べられるようになります。
(ミルクも、同じようにすれば、お皿から飲むようになります。)
ドライフードに混ぜるミルク(または水)の量を減らしていき、徐々にドライフードだけにします。
生まれたての仔猫は、体重が最低でも毎日(平均)5gは増えます。体重を記録し、健康状態を確認するといいでしょう。
1週齢:目が開く(体重 150~200g)
2週齢:歩き始める 目が見えるようになる
3週齢:乳歯が生え始める
4週齢:自力で排泄できるようになる (体重 400~500g)(離乳食の練習を始め る)
8週齢:乳歯がはえそろう (体重900~1000g) (完全離乳)(寄生虫の駆除)(里 子に出せる時期)
3ヶ月齢:永久歯が生え始める (2ヶ月齢と、3ヶ月齢に各1回のワクチン接種)
仔猫を保護したら、早めに獣医に診てもらってください。
仔猫の授乳・離乳の方法が、丁寧に説明されているサイトを紹介します。
にゃんこのおうち : ://tukichanjp/b_contents/koneko/01html
ライフボート : ://wwwlifeboatjapanorg/contents/baby_cats/?sub-nav


質問タグ:仔猫,へその緒,ミルク,シリンジ,アドバイス,湯たんぽ,子猫

【マジ】フクロモモンガについての質問です! 現在生後4ヶ月のメスのフクロモ…

フクロモモンガについての質問です! 現在生後4ヶ月のメスのフクロモ…

フクロモモンガについての質問です! 現在生後4ヶ月のメスのフクロモモンガを飼っています。
それで最近、試しに購入してみたペレットを食べるようになったので、ペレットを主に与えたいと考えています。
しかしペットショップで購入した際、店員さんに乳酸菌を与えないといけないと教わって、今まではパウダー状のフクロモモンガフードとフクロモモンガミルクに混ぜてぬるま湯で溶かして与えていたのですが、ペレットとなるとどう与えれば良いか分かりません…
流石に粉のまま与えるのは無いと思いますし、皆さんはどうしていますか?回答お待ちしております(~_~;)

アンサー

ペレットに粉をふりかけみたいにかけるのでOKですよ。
その他に生のフルーツとかあげてますよね?
それにふりかけるのでもOKです。


質問タグ:フクロモモンガ,ペレット,フクロモモンガミルク,フクロモモンガフード,ぬるま湯,フルーツ,その他

【嬉】こんばんは。 私は浪人生活真っ只中の学生です。そんな私が今日の夜、…

こんばんは。 私は浪人生活真っ只中の学生です。そんな私が今日の夜、…

こんばんは。
私は浪人生活真っ只中の学生です。そんな私が今日の夜、子猫を拾いました。
その子はまだ生後間もないようで、猫に関して素人である私が見ても、1ヶ月経ったかどうかというあどけなさです。
その子は右目 を失明していました。目を覆うように膜が出来て、まだ膿んでいるようです。
しかし元気です。急いで牛乳を用意してあげると、勢いよく飲んでいたし、猫じゃらしを近づけると普通の子猫のようにじゃれる姿を見せてくれました。
どうやら人間を恐れているわけではなさそうですが、私の家族には若干警戒気味で、私にしか近づいてきません。
だから、私がなんとか保護をしてあげたいのですが、ネットで調べた限りだと野生動物だからといっても動物病院での治療は高額が請求されるそうです。私自身、数十万払うことはできないし、まして浪人している私が親に子猫の保護を強いるのは状況的に難しいです。というのも私の両親はあまり保護に賛成していないのです。今まで野生でいきてこられたんだからなんとかなるでしょ、という考えだそうです。
私はその子猫が放っておいて大丈夫なほど成長しているようには見えないです。
親が反対するので、家にいれることは出来ないのですが、即席でダンボールに牛乳の入った皿を入れたものを作り、家の前に置いています。子猫は警戒して中には入らないものの、ずっと家の前でうずくまっています。
この場合、私はどうしてあげるのがいいのでしょうか。
長文、及び漠然とした質問で、申し訳ありません。
猫に関しては全くの素人なので、ご回答頂けたら嬉しいです。よろしくお願いします、

アンサー

まず、にゃんこに牛乳をあげてはいけません。
下痢をして、最悪脱水症状で死にます。
そして、可能なら獣医へ。
おそらく、一回の診療は高くても数千円です(症状とその日の処置にもよるけど安ければ千円前後)。
また、子猫であるという事なので、一匹で置いておいてはカラスに狙われ殺されてしまう可能性もあります。
親御さんに必ず里親先を見つけるから、という約束で玄関先でもいいので屋内に入れてあげる事はできないでしょうか。
餌は文章を読む限りでは離乳はできているようなので、子猫用のパウチフードや、柔らか目の猫用の缶詰なら食べられるのではないかと思います。
里親募集は、怪我の治療が終わり、できればトイレトレーニングを済ませてからにするべきかもしれません(その方が里親がつきやすい)
親御さんが
「玄関先なんかに置いといて、中に入ってきたらどうする」
とか言ってくるようなら、100均の金網を使った簡単なケージの作り方がYouTubeにあったので参考になさるなら覗いてみてください。
まずは一事保護で必要な物
餌入れ
水入れ
トイレもしくはその代用になるもの(浅目の箱か大きめのタッパーウエア、100均の水切りバット等)
トイレ用の猫砂
ケージの底に敷くためのペットシーツもしくはジョイントマット(床への汚れ防止)
◆ご回答ありがとうございます。
牛乳に関しては気をつけます。
動物病院も、それくらいの値段であれば自分で何とかできるかもしれません。明日、病院に相談しに行こうと思います。にゃんこも家にいれるように説得します。
ありがとうございましたm(__)m
◆地域の保護団体に相談してみては如何でしょうか?
取り敢えず、動物病院に連れて行って欲しいです。
治療費は何十万も掛かりませんよ。
保護猫を安く観てくれる良心的な病院もあります。


質問タグ:子猫,その子,猫じゃらし,野生,保護,100均,親御

【緊急版】子猫の粗相などについて 2ヶ月ちょっとの雄の子猫とその母猫の里親に…

子猫の粗相などについて 2ヶ月ちょっとの雄の子猫とその母猫の里親に…

子猫の粗相などについて 2ヶ月ちょっとの雄の子猫とその母猫の里親になりました。その子猫が粗相の癖があるようで困っています。
我が家に来た当日の夜は教えなくてもちゃんとトイレでしていました。次の日の昼は私のベッドで粗相をしてしまっていて布団一式洗濯したのですが、その後はまたちゃんとトイレでしていました。夜も便をトイレでしていましたが、先程はハンモックの上で粗相をしてしまいました。
このような感じでトイレでする時もあれば、決まった場所ではない所で粗相をします。トイレは新入り用に2つあります。掃除もして清潔にしています。
今まで何匹も猫を飼ってきましたが、泌尿器系の病気以外で粗相をする子は初めてで悩んでいます。特に子猫は教えれば勝手に砂のある場所でしてくれていたので、何故この子猫はしたりしなかったりなのか…。子猫でも泌尿器系の病気になるのでしょうか?
ちなみに親猫と一緒に譲り受けたので、一日中ケージの中に入れるのは難しいので室内フリーにしています。
あとノミだらけの状態だったので、レボリューションとフロントラインをしてもらいましたがこれでノミはいなくなるのでしょうか?それとも室内に飛散したノミがいなくなるまでフロントラインをし続けないといけないのでしょうか?
今回里親になりましたが、正直少し後悔しています。まず2匹ともすぐに病院に連れて行き血液検査は問題がなかったのですが、ノミが沢山いて先住猫も心配ですが私も体が痒いです。先住猫もストレスがかなりある様子で本当に申し訳ない気持ちになっています。先住猫は一日中鳴くようになってしまい、私に甘えたいのに一日中怒りっぱなしでひとりぼっちで過ごしています。母猫もよく鳴いたり、夜鳴き…。子猫は粗相で、ノミの悩みも。
こんな弱音を吐くなら猫を飼うなと言われてしまいそうですが、何か前向きになれるアドバイスを頂けないでしょうか。

アンサー

「先住猫と、新参の親子猫の3頭を飼っている。」という事で宜しいでしょうか?
(A) 子猫のやっているのはマーキングでしょう。
人から見たら「粗相」かも知れませんが、猫がトイレ以外で排泄するには、猫なりの理由が有ります。
猫は、自分の縄張りの中で単独で暮らすのが基本的な習性です。
先住猫にとっては、親子猫がいきなり入り込んできたので、自分の縄張りを荒らされたと思って怒っています。
また、飼い主のことを自分の母親だと思っているので、「母親の自分に対する愛情が、新参の親子に移ってしまった。 このままだったら、自分の居場所がなくなる。」と不安になっています。
多頭飼いをする時は、先住猫を最優先で可愛がってやる(先住猫の既得権を守る)ことが必要です。
子猫は、先住猫との関係が良くなくて、自分の縄張りを主張したいのでしょう。
そのため、「ここは僕の場所だ!」と尿でマーキングしているのです。
マーキングなので、洗濯をして臭いが消えれば、再度付け直します。
最初の、対応がまずかったのじゃないでしょうか?
先住猫が、「この親子を同居させてもいいかな?」と思う前に、
勝手に同居させてしまったのでは?
多頭飼いを始めるときには、先住猫が「新参猫がいることに慣れる。」までは、待っていることが必要です。
意に反して、新参猫が同居しているので、新参猫(特に立場が弱い子猫)や、飼い主に対して不満を持っているのでしょう。
その圧力に、子猫が対抗してマーキングしているのです。
当面は、親子を別室に移しておいた方が良いと思います。
(B) フロントラインプラスは、3頭とも塗布してください。
今の時期は、卵⇒成虫に成るのが3週間サイクルほどです。
1ヶ月間隔でフロントラインを2回塗れば、駆虫できると思います。
繁殖してしまった蚤を駆除するには、
「① 猫の首筋に『フロントライン プラス』などの滴下薬をつける。( 殺虫と、「卵の成長阻害」効果は1ケ月間持続します。 )
外に出かける猫の場合は、毎月駆虫薬を付けます。
② 徹底的に家中の床等の埃を掃除機で吸い取ります。
吸い取ったゴミは、その都度ポリ袋に入れて密封して捨てます。
(床にいる蚤の卵・幼虫を減らす。)
猫の使っている繊維類などは、70℃の熱湯に5分付ければ卵・幼虫は死にます。
③ 家中の 部屋をバルサンなどで薫蒸するか、ダニアース・蚤取粉を撒く。』
ことを実行します。
上記の① ② ③を一緒に実行しないと、短期間で駆除するのは難しいです。
(1) 蚤のライフサイクルは、
「成虫(吸血と産卵:メスは吸血すると、1週間で200個産卵し、約3週間生きる。)→卵(3~12日で孵化)→幼虫(蚤の糞で成長し7~20日で蛹化)→サナギ(繭)(12日~1年で羽化)→成虫」です。
夏は、3週間くらいで卵から成虫に成ります。
蚤の卵は、生まれるとすぐに床に落ち、蚤の幼虫は、床や、猫の寝床などに居ます。(幼虫は、蚤の糞や、フケなどの有機物を食べます。)
サナギは、低温になると羽化しなくなるので、とりあえず蚤がいなくなったように見えます。でも、翌年の春には、まとめて羽化して蚤になります。
全サイクルの個体数を100%とすると、成虫5% 卵50% 幼虫35% サナギ10%です。
すなわち、『猫に蚤が5匹いると、家の中には、卵や幼虫・サナギが95匹いる。』ことになります。
(2) 猫に付ける駆虫薬(フロントライン プラス)は、動物病院か、ネット通販で購入します。
猫に塗ってから薬が効いてくるまでに1日ほどかかります。
室内に蚤の幼虫が居る状態では、幼虫が次々に成長して猫に付くので、
薬が効いてないように見えますが、幼虫が居なく成れば解決します。
(3) 猫の被毛が蚤の糞で汚れている時は、薬を滴下して数日経過してからシャンプーします。
蚤を潰すと卵が飛び散るので、粘着テープに貼るか、中性洗剤の希釈液で溺れさせます。
(4) 蚤は、うりざね条虫(寄生虫)、猫引っかき病菌の中間宿主です。
(5) 成虫の体長は2~3mm
蚤の卵は05mm程度の真珠色の球体です。
幼虫(白色)は2回の脱皮を行い、3令まで発育します
初令幼虫は2mm程度ですが、終令幼虫は5mmにもなります。
(6) 猫蚤は人や犬にも咬み付き吸血します。
咬まれると1週間ほど痒みが続きます。
(皮膚科でステロイド入りの軟膏を貰うと効きます。)
繰り返し咬まれると、「ノミの唾液に対する抗体」が体内で作られてしまい、猫も人も、アレルギー性の皮膚炎に成ってしまうことも有ります。
(知って得する蚤の話)
://wwwmasunaga-vetnet/kouza/kouza08html


質問タグ:粗相,子猫,ノミ,フロントラインプラス,先住猫,泌尿器系,幼虫

コメント